天然石人気

色から見るパワーストーンの意味一覧

投稿日:

色でパワーストーンの性格を判断

パワーストーンにはさまざまな意味がついています。「魔除け」「ストレス軽減」など、抽象的な表現も多く、選ぶときに混乱してしまいますね。「とりあえずこれかな…?」と手に取っても、いまいちピンと来ない時は、書いてある言葉に振り回されるのではなく「石の色」から性格判断してみましょう。

カラーセラピーと同じ要領で、好きな色や心の落ち着く色を選んでいくと、不思議と自分に必要なパワーストーンが見つかります。心の状態も現されるので、なかなか面白いですよ。

それでは、それぞれの色が持つ「性格」をご紹介していきましょう。

ホワイト・ベージュ

純粋で無垢な「白」。この色は古代から女性の貞操を表す色として、ウエディングドレスにも用いられています。また無償の愛を与える母性の象徴にも。女性が持つことで包容力と清潔感を表現できる色です。男性にとっては、自分の中の優しさを引き出す効果があります。リセットする力があるので、白い石を見て妙な高揚感を感じる方は「支配欲」が高まっている状態ですのでご注意を。

ピンク

「ピンク」と言えばやはり女子力ですね。ホルモンの分泌を活性化させ、肌を美しく見せる効果は抜群。日常に小さな幸せを見いだす前向きさも兼ね備えた、明るいエネルギーを持っています。また、感情的になりやすい方とっては「ガス抜き」の役割を果たすので、心を穏やかに保ちたい時は淡いピンクの石を持ちましょう。逆に、情熱的に行動したい時は濃いピンクがオススメ。相手を思いやる感受性を高める効果もあるので、男性が持つことで「浮気性」を抑えます。

イエロー

太陽を連想させる「黄色」。やる気を高め、エネルギーを活性化します。黄色は欲求の象徴です。外に向けたものではなく、自分自身に対する欲求を高めます。何かを成し遂げたい、新しいことを学びたいとウズウズしている感じですね。また、自分自身をさらけ出したいと言う潜在意識も働いています。黄色い石に執着する方は「自己中心的」な傾向にあるので、1度立ち止まって自分を見つめ直しましょう。

グリーン

森林のように深い優しさを持つ「緑」。精神的な癒しの力が強い色ですね。緑の石にはストレスに関する意味が多いのですが、個人を癒すのではなく、集団の中にいてもエネルギーを調和するのでイライラしない、と言う感じです。受け入れる力を高める色なので、特に人間関係に対する悩みを抱えている時はオススメ。逆に、緑の石を見て切ない気持ちになる方は、周囲に合わせすぎて自分を見失っている場合も。

ブルー

知性の象徴「青」。冷静沈着で、信頼を集める色です。青い石には勤勉さや誠実さを持ち合わせたものが多く、特に理解力を高めたい時はオススメ。また、コミュニケーション能力に長け、相手の言葉に耳を傾けるサポートをします。決断する力を高めますが、決して強引なものではないので、打開策を見つける補佐役に向いています。逆に、日頃から物静かな方にはオススメできません。どんどん内向的になってしまうかもしれませんよ?

レッド

血肉を連想させる「赤」。人を興奮させる作用があります。赤い石には情熱的な意味が多く、勝負に出る時に使うことで積極的なエネルギーを放出します。疲労困憊している時や、どうしてもやる気が起きない時にオススメ。その一方で、衝動的な感情や攻撃の象徴にも用いられるので、時と場所を選んだ方が良いでしょう。負けられない勝負に出る時は、存分に力を発揮してくれます。ちなみに食欲を促進させるので、ダイエット中の方は避けてくださいね。

ブラウン

大地を象徴する「茶色」。落ち着きのある雰囲気で、安定感を表します。茶色の石には強力なグラウンディング力があり、地に足をつけたい時にオススメ。周囲に温もりを感じさせ、誠実な印象を与えます。風景に溶け込んで気付かれにくい存在ですが、茶色が好きな方には大人の落ち着きや本物を見抜く力を秘めた方が多いとか。職人気質の方にはピッタリですね。逆に茶色が苦手な方は、子供っぽい一面を隠し持っています。

ブラック

力強さの象徴「黒」。個体としてのイメージが強く、権威を表します。黒の石には周囲を遮断する力があり、主に魔除けとして用いられるものが多いですね。高級感があるので、職場などで使うと効果的です。その一方で圧迫感を与えることもあるため、黒を多用すると相手を威圧させてしまいます。上手に取り入れれば、頼もしいサポート役になりますよ。

まとめ

いかがでしたか?色に注目することで、パワーストーン選びがとても楽になりますよ。もっとステキな出会いが増えると良いですね。

直感に従って、楽しく自由に。あなたらしい「ストーン・ライフ」を送ってくださいね。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-天然石人気

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.