天然石人気

意味から選ぶ健康のお守りパワーストーン

投稿日:

祈願成就にパワーストーン

願掛けのお守りとして、プレゼントに最適なパワーストーン。いつもお世話になっている会社の上司や、大切な両親に送ることで感謝の気持ちを表現できます。特に「健康」に関するお守りは、性別や年齢を問わず喜ばれますよね。もちろん、自分用に作っても良いでしょう。

しかし、いざ健康のお守りと言っても、一体どの石を選べば良いのでしょうか?

それでは早速、生命力を活性化させるパワーストーンをご紹介していきましょう。

ガーネット(柘榴石)

暗赤色で光沢のある石。その色から、血液に関する力を高めると言われます。「血を繋ぐ」パワーストーンなので、人間関係のお守りにも最適です。オニキスやアンバーと組み合わせると、さらに効果が高まります。

トルマリン(電気石)

パワーストーンの中でも非常に認知度の高い石。摩擦によってマイナスイオンを発生させる珍しい性質を持ちます。多色性で、特に人気が高いのはピンク・トルマリン。色に関わらず年々価格が高騰していて、良質のものに出会うのは難しくなっています。ローズクォーツやアベンチュリンと組み合わせると、癒しの力が高まりますよ。

カーネリアン(玉髄)

持ち主に快活なエネルギーをチャージさせる石。明るいオレンジがモチベーションをUPさせます。出血を沈めると信じられていた時代もあり、古代人はカーネリアンの粉を神経痛の治療に用いていたとか。天眼石と組み合わせると、それぞれのエネルギーが活性化されます。

ヒスイ(軟玉・角閃石)

古く邪馬台国の時代から愛されている緑色のパワーストーン。災いから持ち主を守ると言われています。自然の力と繋がることができるので、身体の抵抗力を高めたい時に使ってみましょう。水晶と合わせるのがオススメ。

アンバー(琥珀)

樹液の化石なので天然石とは違いますが、パワーストーンに分類されます。「毒抜き」の効果があり、無駄なエネルギーを外へ逃がす働きをします。モス・アゲートやクリソコラと組み合わせることで、森林浴に近い効果を発揮しますよ。

ヘマタイト(赤鉄鉱)

見た目はパチンコ玉のようなパワーストーン。赤血球を活性化させると言われ、持ち主の血液に力を与えます。肉体の運動能力を高める効果があり、持久力が必要な状況には最適のお守りです。スモーキークォーツと組み合わせると、心身の安定に働きかけます。

オニキス(黒瑪瑙)

魔除けとして人気の高いパワーストーン。周囲の干渉をはねのけ、攻撃に耐える鎧となるお守りです。免疫力が低下している時にオススメ。特にアンバーと組み合わせることで病気に打ち勝つ力を与えてくれます。

ムーンストーン(月長石)

愛情を深めるパワーストーン。女性の象徴となる月の石です。ホルモンバランスを良好にする効果があり、女性特有の不調感に力を発揮します。アメジストやマラカイト、スモーキークォーツと組み合わせると、安眠のお守りになりますよ。

クリソコラ(珪孔雀石)

まるで宇宙から眺める地球のようなパワーストーン。心身のリズムを整える働きがあり、不眠症などにも効果を発揮します。ストレスを吸収してくれるので、マメな浄化を心がけてください。大地を表す石なので、水の役割を果たす水晶やアクアマリンと組み合わせると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?トルマリンやクリソコラは、純度によってはかなり高額になりますが、バラ玉ならば手に入りやすいでしょう。ご紹介したパワーストーンを、お手持ちのブレスレットやネックレスに追加してみてくださいね。ストラップにして、目上の方への健康祈願プレゼントにしてもステキですよ。

健やかに、おおらかに。あなたらしい「ストーン・ライフ」を送ってくださいね。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-天然石人気

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.