天然石人気

干支ごとのパワーストーン part2(午年~亥年)

投稿日:

 パワーストーンを探すとき、色や好みはもちろん、自分の誕生石で選ぶ人も多いはずです。誕生石のほかに干支にもパワーストーンが決まっているのは知っていましたか?十二支にはそれぞれ守護神があるのはご存知の方もいるかとおもいます。そして、守護となる干支石もあります。今回は干支ごとのパワーストーンを紹介したいと思います。パワーストーン選びの参考にしてみては?

 

1.午年(うま)のパワーストーン

 ルビー:燃えるような赤色が特徴的なルビーは7月の誕生石としても有名です。見た目から不滅の炎を宿すとされ、「勝利の石」、「情熱の石」と呼ばれています。仕事運だけでなく、恋愛運でも両想いを成就したい人の強い味方になってくれます。あらゆる危険や災難から持つ人の身を守り、困難に打ち勝ち勝利に導くパワーを持っています。大切な人との不変の愛、永遠の愛を願う人、受験、試験の合格を願う人、仕事で成功をおさめたい人におすすめです。

 

2.未年(ひつじ)のパワーストーン

 インカローズ:愛、夢、情熱を象徴するパワーストーンで、永遠のパートナーにめぐり逢わせ、幸福な恋愛、結婚に導き、こと恋愛に関してはすべての事柄を良い方向へ促してくれるエネルギーを持っています。過去のトラウマや、新しい出会い、異性に対して臆病な人など恋愛での問題を解決してくれるでしょう。好奇心と情熱をもって物事に臨む力を授けてくれ、持つ人にバラ色の人生をもたらすと言われています。

 

3.申年(さる)のパワーストーン

 オパール:非常に明るいエネルギーを持つ幸運の石です。そのエネルギーのように、七色に発光する輝きを持つオパールは、見る角度により虹色に輝き、数あるパワーストーンの中でも特に美しい石です。その独特な光は自由なエネルギーを象徴し、創造性を高め、内面の隠れた才能を開花させてくれます。アーティストなどクリエイティブな職業に携わる人にはおすすめです。また、石の中に水分を含んでいることから、心身の若さを保ち、アンチエイジング効果もあると言われています。

 

4.酉年(とり)のパワーストーン

 シトリン:11月の誕生石でもあるシトリンは、金運・財運の石として古くから大切にされてきました。繁栄と富貴をもたらす幸運の石で、特に商売をしている人におすすめのパワーストーンです。太陽のような力強いエネルギーを持ち、明るく透明感のある輝きは、生命力を高め、希望や地震を育む効果があると言われています。調和力も優れ、人間関係の改善、ストレスや悩みの解消を促してくれます。日常的に身につけると心身にたまった不要なものを浄化してくれ、若さと健康を保ってくれるお守りとしてぴったりなパワーストーンです。

 

5.戌年(いぬ)のパワーストーン

 ラピスラズリ:最強のパワーストーンと言われることの多いラピスラズリは、「幸運を招く石」と言われ、邪気を退け、正しい判断力を高めてくれます。不運が続くと感じたとき、進むべき道に迷ったときなどに、目先の結果にこだわらず、本当に正しい方向へ導いてくれるでしょう。また疲れたり、気力がないときに身につけると生き生きとしたエネルギーを与えてくれます。あらゆる強運を呼び寄せるので、ときには持つ人に試練を与えることがありますが、それは自身を強く、より良い方向へ進めるためとされています。

 

6.亥年(いのしし)のパワーストーン

ローズクォーツ:愛と美の星ヴィーナスを象徴し、無条件の愛、癒しをもたらし、女性を輝かせ、恋愛成就に絶大な効果を発揮します。愛の女神の息吹が、ピンクの結晶になったという伝説があるほど、愛の象徴して有名なローズクォーツは、女性性を高め、幸せな恋愛、結婚へ導き、また癒しのパワーで失恋の傷を癒してくれます。ローズクォーツを持つことで優しい印象と好感度を高め、人からの好意を受けやすくなります。愛のあふれた平和な毎日が送れるでしょう。

 

まとめ

 十二支のパワーストーンはわかりましたか?自分の干支石はあなたを守護してくれるとっておきのお守りになってくれること間違いなしです。パワーストーン選びの際に、干支石も参考にしてあなたの求めるパワーストーンを見つけてください。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-天然石人気

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.