天然石人気

塗香でパワーストーンに更なる効果を

投稿日:

日本語には読み方が従来とは違うものが多数あります。さて、ここでこの字ですが、「塗香」と書いて何と読むか分かりますか?この時点で読める人は、かなりの博識の方といえるでしょう。「ずこう」と読み、仏教に深く関係のあるものです。塗香を知って、パワーストーンにさらなる効果を与えましょう。

心を鎮める効果のある塗香

西洋の香りを使った療法といえば、アロマセラピーやフラワーエッセンスといったものがあります。これらは精油として生成されたエキスの香りをかいだり、花そのものを抽出したエキスを使用したりすることで、精神的な安定や癒しの効果があります。塗香はそれらの爽やかな香りと違って仏教が発祥のものになるため、香りもお寺で嗅ぐようなお香のように独特な香りをしています。もともと、仏教の儀式のうちの一つとして使われてきたため、心を鎮める要素が大きくなります。密教でいうところの「六種の供物」の一つで、閼伽(あか)、華鬘(けまん)、焼香、飯食、灯明に続き塗香となります。身を清めるために使用されるのです。

なぜ塗香をするのか?

仏教の発祥はインドになります。インドといえば赤道に近い国のため熱帯気候で高温多湿が当たり前です。女性の伝統衣装であるサリ―や僧侶の服装にみるように、薄い布を巻くようなタイプなので通気性がよく汗を乾かしやすい服装になっています。高温のため、どうしても体臭がしてしまうことが悩みでした。そこで体臭をカバーするために生まれたのが香料を体に塗りつけることです。これが仏教に取り入られ、塗香となり身を清めることや鎮めることにつながりました。香料というと線香やお香のように、イメージとして火でいぶして使用すると思いがちですが、塗香は直接体に塗るため純度の高い天然の者を使用します。白檀や桂皮といった、お香やアロマテラピーでも使用される原料が数多くあります。香りの面白いところは、その人の体臭と混じり合うことで独特の香りに変わることです。同じ白檀を体に塗ったところで、微妙に時間がたてば香りが変化していきます。この塗香ですが、パワーストーンの浄化にもつかえるのです。

パワーストーンにつけてみよう!

塗香にはグレードがあります。「上」「極上」「特選」です。もちろんそれによって値段も比例しますから、特選となるとめちゃくちゃ高いの?って思われるでしょうが、リーズナブルに3000円ほどで買えるものもあるので探してみるとよいでしょう。ブランドの香水となると万を軽く超えるので、そう考えるとお手軽ですね。塗香はパウダー状の粉なので、容器にいれて持ち運ぶこともできます。奥ゆかしい香りなので、ほんのり香り美人を演出できます。パワーストーンに塗ると浄化する作用もあるため、直接石に塗っても良いです。さらに精神的に安定のできる香りがほのかに香ってくるため、一日中パワーストーンから力を授かりながら、さらに香りによっても精神的に安定することができるでしょう。ブレスレットタイプのパワーストーンならば手を動かすたびにパワーストーンから良い香りが漂ってきます。香りをさせることで持っているあなた自身も、身につけたパワーストーンもさらに喜ぶことでしょう。

まとめ

塗香は儀式的な意味合いが大きいですが、香水と同じような感覚で楽しんでも面白いです。パワーストーンに塗ることでパワーストーンも浄化できますし、いい香りがして気分も落ち着き一日が楽しくなります。塗香を試してみましょう。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-天然石人気

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.