天然石人気

叡智をもたらし、愛と慈しみの心で幸せに導くエメラルド

投稿日:2016年10月8日 更新日:

エメラルドグリーンという色があるように、美しい緑色を放つエメラルド。高品質のものは宝石とされ、5月の誕生石として知られていますが、パワーストーンとしても扱われていること、知っていました?

四大宝石のひとつとしても有名なエメラルド

日本語名は翆玉。ダイヤモンド、ルビー、サファイアとともに世界の四大宝石としても有名な希少な石です。語源は、サンスクリット語の「スマラタ」から、ギリシャ語で緑の石を意味する「スマクラグドス」となり、ラテン語の「スマラグダス」が俗語化し、古代フランス語で「エスメラルド」がエメラルドとなったそうです。

パワーストーンでは最も人気が高い三相インクルージョン

ベリル(緑柱石)の一種で、最も高貴な緑色をしたものを指しますが、これは含有しているクロムの作用による発色だとされています。天然のエメラルドは内部にクラック(傷)が多く、「エメラルドに傷のないものを探すのは、欠点のない人間を探すより難しい」といわれるくらいだそうです。宝飾品として使用されるエメラルドは、オイル樹脂による加工処理がおこなわれていますが、パワーストーンとして持つ場合は、自然のままの状態が好まれ、特に内部に気泡や海水、岩塩を含んだ石は「三相インクルージョン」と呼ばれ、最も人気が高くなっています。

絶世の美女クレオパトラを魅了したエメラルド

主な産地はコロンビア、ザンビア、ジンバブエ、ブラジルですが、スペイン人が中南米を征服する以前はエジプトで産出されていました。紀元前4000年頃にバビロニアで使われていたという記録が最も古く、古代エジプトのクレオパトラはこの石に魅せられ、ついには自分の鉱山を持つくらい夢中になったほどです。絶世の美女として名高い女性ですが、実はそれほど美しくはなかったけれど、とても知識が豊富で会話上手だったため、英雄たちを惹きつけたのではないかという説もあります。見た目の美しさだけではなく、その叡智はエメラルドを身に着けることで、さらに磨かれたのではないでしょうか。

恋人や夫婦の愛と絆を深めてくれる石

人生のアクシデントを乗り切る叡智をもたらすといわれています。悪い運気から身をまもるパワーもあり、深い洞察力と受容する力で、人をたてながら、自分のやるべきことを成し遂げることができます。ハートのチャクラに呼応しており、無償の愛を惜しみなく周囲に与え、家庭や職場などの人間関係を豊かにしてくれる石です。結果、愛を成就させる石ともいわれ、幸福な結婚へと導いてくれるでしょう。夫婦の愛と絆を深めることにも力を発揮してくれます。
古代ローマでは、眼病に効果があるとして、高額な値段で取引されていたそうです。中世ヨーロッパの錬金術師は、エメラルドを医療のシンボルといわれる「ヘルメスの石」とみなし、疲れ目や記憶回復、肝臓病や毒虫の刺し傷などの治療に使っていました。

水晶クラスターや月光浴でやさしく浄化しましょう

浄化は、水晶クラスター、月光浴やセージなどの香草による薫香がおススメです。流水や天然塩による浄化もOKですが、内部にクラックがあるものがほとんどなので、強い衝撃によって破損することがあります。くれぐれも扱いには注意してください。紫外線で変色する可能性があるので、太陽光による浄化も避けた方がいいでしょう。

まとめ

エメラルドというと、美しく透明な緑色の宝石をイメージしますが、パワーストーンとしてのエメラルドはちょっと違います。愛の石といわれますが、魔女はエメラルドのあるところには近寄らないといわれていたので、パートナーの浮気や暴力などに悩んでいる時などにも、効力を発揮してくれるかもしれません。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-天然石人気

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.