天然石人気

勾玉の形に効果とパワーストーンの相乗効果

投稿日:

勾玉は古代から日本人が身に付けていたとされ、お守りとしてや祭具として用いられたそうです。この勾玉の形には聖なる力が信じられ珍重されていました。現在ではお守りなどで使用されることも多く、素材にはパワーストーンが使用されているものがほとんどです。勾玉の形の効果を知ることで、パワーストーンを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

勾玉の歴史

勾玉が作られた理由はいくつか存在し、動物の骨などを魔除けとして身に着けていた習慣から、石へと移行し勾玉の形となった説や、月の形を模したとされる説、胎児の形ですべての始まりを表しているとされる説などがありまずが、いずれにしてもこの形にすることにより特別な力が備わると考えられていました。

形による特別な力の他にも、勾玉が貴重な理由は他にもあります。それは、制作するためにはとても長い時間が必要で、縄文時代では竹や骨を使い叩いたりして形を作り、砂で磨くという気の遠くなるような作業をして勾玉を作成していました。

このように特別な力が宿る勾玉は、その多くがシャーマンや権力者などが身に着けていたとされ、聖なるものとしてでなく権力の象徴としても用いられていました。そして、古代での最大の権力者といえば天皇ですよね。その天皇家に伝わる三種の神器のひとつが八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)という勾玉です。

八尺瓊勾玉はアマテラスの天岩戸隠れをした際に、玉祖命(たまのおやのみこと)が作り、同じく三種の神器のひとつである八咫鏡とともに榊の木に掛けられたという逸話が古事記に記されています。

また、魏志倭人伝には、邪馬台国の卑弥呼の次の女王の壱与が人間30人、真珠5000個、勾玉2個を魏の王へ送っているのですが、真珠と勾玉の割合をみると、いかに勾玉が貴重なものかがわかります。

勾玉に宿る効果

勾玉の頭の丸い部分は「太陽」を表し、尾のような細い部分は「月」を表していることから、太陽と月からの強いエネルギーが宿ると言われています。

古代では災難や悪霊を払う魔除けとしてや、呪術にも使われた勾玉ですが、現在では魔除けや厄除けのお守りに使用されたり、そのほかにも胎児の形を模していることから安産のお守りとして使用されることも多いです。

その他には、女性が身に着けると美しさを増す効果や、男性でしたら仕事運が上がるなどの作用があるとされています。

身に着け方

勾玉を身に着ける際は、直接肌に触れるようにすると効果的です。さらに、勾玉の尾の先が自分に向かうように身に着けるとより良いです。また、常に身に着けているのではなく、付けたくない時は外したり、しまっておいて大丈夫です。自分の気持ちや直感に従い勾玉と付き合っていくのが良いです。

勾玉を通す紐は、皮紐よりは、綿や麻などの天然素材のものを使用した方が効果が発揮されやすいです。お守りや、アクセサリーとして出来上がっているものではなく、パーツとして勾玉を購入した場合は、通す紐の素材もこだわってみてはいかがでしょうか。

また、外していたり保管の際は、直射日光を避けて風通しの良い所へ置いてあげて下さい。

勾玉の石別ごとの意味

勾玉は素材をパワーストーンにすることにより、形と石の相乗効果が生まれ、より強力に作用するとされています。パワーストーンの場合、その効果は様々で目的別に使用することもできるのが利点でもあります。勾玉によく使用されている石をいくつかご紹介しますので購入の際に参考にしてみてください。

「恋愛運」「子宝運」などに効果的な石
ローズクォーツ、ロードクロサイト、アメジスト、赤メノウ、アクアマリンです。

「金運」「仕事運」に効果的な石
タイガーアイ、レッドタイガーアイ、ルチルクォーツです。

「ヒーリング」「健康運」に効果的な石
アベンチュリン、緑メノウ、ヘマタイトが効果的です。

「魔除け」「厄除け」に効果的な石
ラピスラズリ、水晶、マラカイト、ターコイズ、オニキスが良いでしょう。

具体的な願いや、目標が無いときは、お守りとして魔除け効果のあるものがオススメです。魔除けというのは悪い運気を除き、良い運気を取り込むとされていますので、開運に繋がるでしょう。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-天然石人気

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.