天然石人気

切れたブレスレットの処理法

投稿日:

大切にしていたパワーストーンのブレスレットやネックレスが、ある日プツリと切れてしまったら…あなたはどうしますか?

もちろん、ゴムやワイヤーの劣化による可能性もありますが、不思議な切れ方を体験した人もいらっしゃると思います。朝起きてつけようとしたら既に切れていたり、車の運転中に前触れもなくブチッと切れてしまったり…奇妙な話も耳にしますよね。

もしも自分の身代わりになって切れたとしたら、やはりきちんと処理をしてあげたいですよね。

今回は、そんな「切れたブレスレットやネックレス」を処分するときの方法をご紹介していきましょう。

希少価値の高い石なら手元に残す

もしも高価なパワーストーンを使用したアクセサリーの場合、そう簡単に手放すのは勿体無いものです。希少石は年々価格が高騰していますし、何より「二度と出会えない可能性」があります。

まずは、バラバラになった石を集めて徹底的に浄化しましょう。水晶クラスターによる浄化が最も理想的です。とても強力なパワーを持っていますので、2晩ほど寝かせれば天然石をクリアな状態に戻せるでしょう。

もしもその石を再び身に付けないとしても、希少石はなるべく手元に残しましょう。鉱物としての価値を楽しんでくださいね。

お別れは自然の中で

「不思議な切れ方をしたから、もうこの石は使いたくないな…」と考える人も少なくありませんね。パワーストーンとお別れする決意をしたら、まずは1度、軽く浄化してあげましょう。「今までありがとう」の意味を込めて、きちんと向き合ってあげてください。「切れたから気持ち悪い!」と言ってゴミ箱に捨ててしまうのは言語道断です。バチが当たるわけではありませんが、お守りとして使っていたものを粗末に扱うのは避けてください。「神は万物に宿る」と言いますし、物に対する意識を高めるチャンスですよ。

浄化を済ませたら、石を「自然に還して」あげましょう。パーツを使っている場合は、石以外のメッキは全て取り除いてください。さて、パワーストーンを還す場所の例をいくつかあげてみましょう。

○自宅の庭で、人があまり踏みならさない土の中

・鉱物はもともと大地が育てたものです。土を深く掘った位置に埋めることで、自然に還る手伝いをしましょう。

○流れのある自然の川

・ため池などは気が淀みやすいと言われますので、自然の川に流してあげましょう。水は浄化する力がありますし、「新しい縁が流れてくる」と言う願いも含まれています。

○海

・まさに「塩による浄化」と言えます。今まで使っていたパワーストーンを海に流してあげることで、古い自分を切り離すイメージトレーニングをしましょう。お別れするときは、その石に「これからも頑張るからね!」と誓いを立てましょう。

他にも、寺社仏閣に引き取ってもらう人もいるようですね。

どの方法にせよ、手放すことを悲しんではいけません。次のステージへ進むステップアップだと考えましょう。明るい心持ちを大切にしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

スピリチュアルに捉える人もそうでない人も、いつも身につけていたパワーストーンには思い入れがあると思います。たとえブレスレットやネックレスが切れたとしても、石そのものに傷が入っていない場合は、手元に残しても問題ありません。天然石との出会いは素敵なものです。「役目を終えた」とすぐに手放さず、再び出番が回ってくるまで大切に保管してあげるのも、ひとつの手ではないでしょうか?

一期一会を大切に、あなたらしい「ストーン・ライフ」を送ってくださいね。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-天然石人気

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.