天然石人気

ブレスレットのつけ方で効果が変わる?!

投稿日:

本当にパワーがあるの?

日本でパワーストーンが注目を集め始めて、はや20数年。その後のスピリチュアル・ブームも相まって、今では代表的なお守りアイテムとして浸透していますね。パワーストーンを使ったアクセサリーの中で、最も需要があるのは「ゴム式ブレスレット」。着脱も簡単で修理にもさほど費用がかかりません。では、ここで質問。

あなたは今、ブレスレットを「どちら側に」付けていますか?右の手首?それとも左の手首?

実はつける位置によって意味が変わってくるのをご存知でしょうか。それでは、さっそく見ていきましょう。

右と左で効果が変わる?!

昔から、人や自然には「気の流れ」があると言われています。気功やヨガなど、気を整えることで体調を改善する方法も存在しますよね。海外では、チャクラ(気の出入り口)にさまざまなパワーストーンを当てて回復力を高める「ストーン・ヒーリング」が盛んです。

ちなみに日本では、気は「左から入って右から出る」と考えられています。解釈としては…

・右手:能動的な力を持ち、対外的に働きかける。「放出」のイメージ。

・左手:受動的な力を持ち、対内的に働きかける。「吸収」のイメージ。

こう言った感じでしょうか。

勝負に出たい時は「右手首」に

仕事やプライベートで周囲に影響を与えたい時は、ブレスレットを右手首に移動させて存在感をアピールしましょう。特に、カリスマ性を高めるルチル・クォーツや勝利へと導くルビーなど、積極性のあるパワーストーンを使うと効果的です。せっかくなので、他にもいくつか例を…。

【影響力を高める石】

○オニキス:人の価値観に流されない

○水晶:周囲の不協和音を抑える

○シトリン:ネガティブな雰囲気を消す

○サンストーン:やる気を刺激する

○トパーズ:感情的な相手を落ち着かせる

○ウォーターメロン・トルマリン:苦手な相手との関係を円滑にする

○ブラッド・ストーン:周囲のエネルギーをスムーズに流す

○ロードナイト:社交性を高め、雰囲気を明るく保つ

自分を勇気づけたい時は「左手首」に

疲労やストレスがたまったり、自信をなくしかけている時は、ブレスレットを左手首に移動させて心をリセットさせましょう。特に、ヒーリング効果の高いラリマーや精神を強化するカイヤナイトなど、内面に働きかけるパワーストーンを使うと効果的です。

【心身を癒して勇気を与える石】

○アパタイト:心と体のバランスを保つ

○ガーネット:体の不調を整える

○スモーキーウォーツ:不安を解消する

○アメジスト:心を落ち着かせ、身体を休める

○ムーンストーン:悲観的な感情を和らげる

○プレナイト:緊張を和らげ、競争心から解放する

○ユナカイト:過去の失敗に対する恐怖心を取り除く

○ラブラドライト:本来の目的を再認識させ、正しい道を指し示す

自由な使い方こそが最善の道

ブレスレットの位置は「あなたの気持ち良さ」に左右されます。右手首につけると邪魔になる…という方もいらっしゃいますし、左は時計があるから…という方もいらっしゃいます。それぞれのライフスタイルに合わせた使い方こそが最善策、ルールに縛られて逆にストレスを感じるのは本末転倒です。「これが自分の定位置だ」と言えるようなベスト・ポジションを見つけてくださいね。

手首以外にも居場所を作ってあげよう

やはりブレスレットですから、身に付けてこそ効果が期待できると思われがちです。しかしパワーストーンは存在自体が癒しになる場合も。仕事の性質上アクセサリーはNGだと言う方は、ミニチュア・バージョンを作ってみてください。

小さくまとめたブレスレットは幅広く活用できます。ポケットサイズを意識して作ってみましょう。デスクにちょこんと飾っても可愛いですし、ブックスタンドや卓上ライトにかける「パワーストーン・リース」なんて面白いですね。

まとめ

いかがでしたか?パワーストーンを身近に置いて、もっと深く付き合っていきましょう。どんどん愛着が湧いてきて、あなただけの「スピリチュアル・パートナー」になってくれますよ。もっと自由に楽しく明るく、あなたらしい「ストーン・ライフ」を送ってくださいね。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-天然石人気

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.