天然石人気

パワーストーンを捨てる方法3選

投稿日:

パワーストーンの効力を感じなくなり寿命だと感じたり、壊れてしまったなどの場合は、手元に置いておくのも一つの方法ですが、やはり「捨てる」という選択肢を選ぶ方のほうが多いでしょう。ですが、実際にどのように捨てたらいいか知らないという方も多いです。そこでいくつかパワーストーンの捨て方についてご紹介いたします。

最後に浄化をしてあげましょう

パワーストーンの力は無限にあるわけではなく、使うことでなくなってしまいます。浄化やパワーチャージをすれば回復することもありますが、役目を終えたとされる石は、何をしても効力が戻ることはありません。その他にも、壊れてしまったり、あまり付けなくなってしまったなどの理由でも手放すことがあるでしょう。

今まで一緒にいた相棒のようなパワーストーンをゴミ箱に捨ててしまうのもなんだか忍びないですよね。パワーストーンとの別れを円満にするためにも、まずはお別れのための浄化をしてあげてください。浄化方法は、今までしてきた浄化方法で構いません。特別な浄化方法ではなくいつも通りに行いましょう。

この浄化には、今までありがとうという気持ちや、これ以上はお願いをしませんという気持ちを伝える儀式のようなものでもありますので、円満にお別れをして、新たな良い出会いに繋げましょう。

捨て方① 自然に還してあげる

そもそもパワーストーンは自然界にある鉱物なので、自然に還すというのはもっともな方法です。ですが、身近な所でパワーストーンが採掘できる訳ではないので、拾える場所にパワーストーンが置いてあれば目立ってしまい、誰かが持って帰ってしまうかもしれませんし、大量な場合は不法投棄になってしまいます。これではせっかく気持ちよくお別れしても、なんだかモヤっとしてしまいますよね。

少量の場合は、海や川などに投げ入れ捨てても拾われる確率は低いですので、この方法でお別れすることも可能でしょう。ですが、大量の場合は問題となりますので別の方法で処分してください。

また、土に埋めるという方法もありますが、所有している土地がある場合は有効ですが、そういった場所が無いのでしたらやはり難しいでしょう。プランターなどに土をいれて、そこへ埋めるという方法もできますが、プランターを処分したい場合、また振り出しに戻ってしまうので、長い目でみるとあまりオススメできない方法になります。

捨て方② 購入したショップへ相談する

パワーストーンの専門店の中には、購入した石の処分を請け負ってくれるところもあり、引き取られたパワーストーンは神社などでお炊き上げされるなどの供養をしてくれる場合もあります。どこのショップでも対応しているわけではないので、まずは問い合わせてみてください。

また、個人で神社のお炊き上げにパワーストーンを入れるのはやめてください。当たり前ですが、パワーストーンは石なので燃えないため、残ってしまい神社側も処分に困ってしまいます。神社で供養してもらうなら、必ず事前に神社に問い合わせをしてみてください。

捨て方③ 一般ゴミとして処分する

一般ゴミとして処分しても、実は問題ありません。ですが、そのままゴミ箱にポイっと捨てることはせずに、白い布や紙に包んで捨てると良いでしょう。その際に天然の塩を一緒に入れてあげても良いですし、包むものは未使用のものの方が望ましいです。捨てるときは感謝の気持ちを込めて手放しましょう。また、アクセサリータイプのものは金具などは分別が必要なものもありますので、バラバラにして分別して処分してください。

この方法が一番実践しやすいので、このように処分されている人はたくさんいます。どの方法が一番というものではなく、全ては自分の気持ちですし、どのような手放し方をしてもパワーストーンへ感謝の気持ちを込めれば、その気持ちは伝わります。一般ゴミとして処分するのも、正しい処分方法の一つと言えるでしょう。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-天然石人気

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.