天然石人気

パワーストーンを付けるのは右手?左手?その理由もご紹介

投稿日:

 パワーストーンをブレスレットしてつけている人も多いですよね。さて、あなたは右手と左手、どちらにつけていますか?普段何気なくつけている人、どっちにつけていいかわからない人、今回はパワーストーンをブレスレットとしてつけるときの疑問をお答えします。

 

パワーストーンをつけるなら右手?左手?

パワーストーンはどちらの腕につけていいかというと、どちらかというと、左手がよいでしょう。ただし、「どちらかというと」と言ったのは理由があります。それは、人によって利き腕が違うため。日本人の10人に1人は左利き、あとは右利き。そのため、どちらかというと、左手ということになります。

また人間の身体は脳に対して神経が反対側につながっていますよね。左手が右脳、右手が左脳という構造になっています。パワーストーンから受け取るエネルギーは非常に右脳的な要素が強いため、右脳的なエネルギー要素が直接的に右脳につながる左手につけるほうがいいという理由もあります。

あとは「人間の心臓はやや左寄りにあるため、心臓に近い左手につけたほうがお守りになるという意見もあるそうです。子供の時に利き手を変えた人も左手につけるといいでしょう。

 

パワーストーンを利き腕と逆につける理由

 普段パワーストーンを腕につける場合、日常生活に不便さや邪魔にならないために利き手と反対につけている人がいますよね。通常、人間のエネルギーの流れは利き手と逆から入り、利き手から抜けると言われています。パワーストーンって、何かに悩み、現状を変えたいと考えて購入する人が大半。そんなときは、パワーが入ってくる利き腕と逆につけるのがおすすめです。

 

 

 

パワーストーンを利き腕につけてはいけないの?

日常的に文字を書いたり、箸を使ったりする利き腕は気が集中します。利き腕にパワーストーンをつけても問題はありません。特に、夢や目標を目指している人、明確にビジョンが描けている人におすすめの付け方と言えます。迷いや悩みがある場合、気が抜け出ていく利き腕につけると、方向がぶれたり、考えがまとまらず、パワーストーンの効果も半減してしまいます。

 

パワーストーンを右手につけると得られる効果(左利きは左手)

 右手、利き手につけて得られる効果は、前進、突破、挑戦。エネルギーがよく出る腕なので、パワーを積極的に出したいときに有効です。そして、今より一歩前進したいという人もおすすめです。そして、夢や目標に挑戦したい、勝負事に勝ちたいと願う人も右手、つまり利き手につけるとパワーを発揮できるでしょう。

 

パワーストーンを左手につけると得られる効果(左利きは右手)

左手、利き手と逆につけることで得られる効果は、チャンス、補充、転機。エネルギーが入ってくる腕なので、新しいチャンスや可能性を掴みたいときにぴったり。何か悩みがありパワーストーンを身につけようと決めた人におすすめです。そして、利き腕の逆につけると良い気を取り込むのにも有効ですので、パワーストーンの良いエネルギーを呼び込んで充電でき、エネルギー循環を正常に戻してくれます。

 また、新しい気、エネルギーを呼び込みますので、心機一転、現状打破し、新しいことにチャレンジした人におすすめ。

 

まとめ

 右手、左手ともつけることでパワーストーンの力を得られることには変わりありません。利き手と逆のほうがエネルギー循環には良いですが、一番は、自分自身がどちらの腕につけたいかという気持ち。右利きの人でも「右手につけたい!」と思うこともあると思います。そんなとき、我慢して左手につけるとネガティブな思いがたまってしまいます。自分の心の声に従って右手につけてみてください。

 あなたの石を思う気持ちが大事です。石の声に耳を傾けてみてくださいね。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-天然石人気

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.