天然石人気

パワーストーンをメンテナンスして効果アップ!

投稿日:

普段何気なく身に着けているパワーストーンですが、メンテナンスが必要だということをご存じでしょうか?貴金属などのアクセサリーなどは汚れを落とすメンテナンスをしますが、パワーストーンのメンテナンスはそれとは違った意味を持ちます。では、パワーストーンのメンテナンスはどのようなことなのか、まとめてみました。

メンテナンスとはパワーストーンを「浄化する」ということ

まず、パワーストーンにおいてのメンテナンスは「浄化をすること」という意味になります。そして、この浄化は、ただ単に石に付いた汚れを落とすクリーニングのようなものとは少し違います。確かに石に付いたものを落とすことは間違いないのですが、落とすものはパワーストーンについてしまった余分なエネルギーです。

この余分なエネルギーというのは、パワーストーン本来持つエネルギーの他に、持ち主やその周囲の人、さらに環境からも様々なエネルギーが出ており、そのエネルギーを石は毎日吸収しています。このように周囲のエネルギーを吸収してしまうと、パワーストーンは本来の効果を徐々に発揮できなくなってしまうのです。

そこで「浄化」としてメンテナンスが必要になってくるのです。パワーストーンを浄化して、吸収した様々なエネルギーを落としてあげると、効果が出やすくなりますし、石にとっては休養にもなります。人間と同じパワーストーンも休みなしで働くと疲れてしまいます。大体1ヶ月に1度はメンテナンスを行いましょう。

複数あるパワーストーンのメンテナンス方法

実はメンテナンスと言っても様々な方法があり、1つではありません。パワーストーンによっては、合わない浄化方法もありますので、注意してください。

例えば日光浴という浄化方法もありますが、アメジストは日光の光で色が落ちやすいので、あまり向きませんし、ラピズラズリは水に弱く劣化の可能性があり水でさらす浄化方法は避けた方が良いです。このように石の鉱物としての性質で合わない浄化方法もあるので、メンテナンスをするときは気を付けましょう。

また、どの石にも使える浄化方法もあり、「月光浴」と「水晶による浄化」はどのパワーストーンにも使用できるので安心です。

月光浴は満月の光にパワーストーンを当てて浄化するという方法です。1~2時間ほど当ててあげればよいので、手軽にできるのですが、満月の日は月に1度ほどなので忘れずに行いたいですね。また、満月の日が曇っていても、晴れている日よりは効果は劣ってしまいますが、浄化はできますので月の出る方角にパワーストーンを当ててあげてくださいね。

水晶による浄化は、水晶クラスターや水晶のさざれ石を使った浄化方法です。どちらも水晶の上にパワーストーンを一晩置いて置くだけなので、こちらも簡単にメンテナンスが可能です。さざれ石はバラバラになってしますのでトレーなどに入れて使用すると良いでしょう。

この他にもいくつかの浄化方法があるので、行いやすさや石の相性などを考慮して選んでみてください。

メンテナンスを怠ったパワーストーンは悪いことが起こす?

メンテナンスの必要性は分かっても、ついつい忙しくて忘れてしまったり、今まで知らなかったので何年もしていない!なんて場合もありますよね。メンテナンスをしないと何か不幸になるということは基本的にはありませんので安心してください。ただ、ヒーリング系のパワーストーンで、体が楽になるなどの効果を感じていた方は、浄化していないことにより効力が薄れて疲れやすさを感じるかもしれません。

悪いことは起きませんが、何もしないでいると効果も十分に発揮されませんし、折角のパワーストーンがただの石になってしまいます。気づいた時でもいいので、メンテナンスをしてあげてくださいね。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-天然石人気

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.