天然石人気

パワーストーンの悪い組み合わせはあるの?

投稿日:

ブレスレットなどのアクセサリーとしてパワーストーンを身に着けるとき、色や効果から組み合わせを考えるのは楽しいですよね。特に女性は服に合わせることも考えたりするので、色の組み合わせに重点を置く人も多いです。たくさんの種類のあるパワーストーンなので、組み合わせも無限といっていいほど膨大にあります。もしかしたら、中には悪い組み合わせもあるのでは?という疑問から、パワーストーンの組み合わせについて調べてみました。

パワーストーンの組み合わせは直感を信じて

パワーストーンを選ぶときは何を基準に選びますか?たくさんの石の中から、見た目や直感、効果などから選びますよね。実は、どのような理由でも「自分がコレだ!」と選んだものが、あなたに必要なパワーストーンなのです。ブレスレットなどは複数の石を使用するので、1種類のパワーストーンでももちろん良いですが、色の組み合わせを楽しみたい方や、より強く効果を発揮させるために複数の石を使用する場合が多いです。

石の組み合わせを考えるとき、後者の効果から考えて選ぶ場合は心配することはないのですが、やはり直感や色合いだけで決めてしまうと、万が一組み合わせが悪いことがあるかもしれないと考えてしまいますよね。実は、基本的にはパワーストーンの組み合わせで悪いものはありません。

石同士の組み合わせよりも、大切なのは持ち主との相性です。見た目や直感で「いいな」と感じたものは、パワストーンとの相性も良いということです。不安がらずに、自分の気持ちに正直になってパワーストーンを選んでくださいね。

相性の悪いパワーストーン場合

では、パワーストーンとの相性が悪いとはどのようなことでしょうか?

例えば、パワーストーンを身に着けていても、なんだかしっくりこない等の違和感がある場合があります。こういった場合はパワーストーンとの相性が悪いからと考えられます。

違和感があるパワーストーンは無理に使用せず、浄化して知人に譲っても良いですし、水晶を組み合わせることにより相性が良くなる場合もあります。違和感などで十分に効果が感じられないパワーストーンでも、手放すのはなんだか嫌だなぁと感じるときは、石と引きつけ合うものがあるからと考えられます。そのような場合は、無理に手放さず組み合わせを変えるなどして使用してみても良いでしょう。

気を付けて欲しいのはパワーストーンの効果の打消し

たくさんの種類があるパワーストーンですから、その効果も多くあり、意味や効果が相反するものも存在します。叶えたい願い事があるのに、その願いを打ち消してしまう効果があるパワーストーンが混ざっていると、効果が相殺されてしまいパワーが薄れてしまいます。選ぶ際は同色系のパワーストーンの組み合わせにすると、効果が似ているものが多いので、打消しあう心配も少ないです。

具体的に効果が相殺されてしまうパワーストーンの組み合わせとしては「スギライト」と「カーネリアン」です。スギライトは貯蓄に作用するとされるパワーストーンなのですが、カーネリアンは放出させるパワーを持っており、せっかくスギライトの効果でお金を溜めることができても、カーネリアンがあることで手放してしまうことになるでしょう。

組み合わせが悪いために不幸になるというようなことはありませんが、このように持ち主の望まない結果になることもあるので、パワーストーンの効果にも目を向けてみてくださいね。

ガーネットは組み合わせに注意が必要です

ガーネットはちょっと特別な石で、夢の実現に強い効力があり、さらに持ち主へ永遠の忠誠を誓うといわれています。石から持ち主への思いが強いガーネットは、他の石を組み合わせると嫉妬してしまい、効果も十分に発揮されなくなってしまいます。ガーネットを使用する際は、単体で使用するのが良いでしょう。

例外として、水晶はガーネットと組み合わせることは可能です。水晶は他の石を高めてくれる作用があるので、反発することなく良い効果が得られるでしょう。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-天然石人気

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.