天然石人気

た翡翠の神秘性とその効果、喉に関連するパワーストーン

投稿日:

緑色がとても美しい翡翠は、神秘的なパワーがあるとされ古くから人々に愛されてきました。その石の美しさから加工品などにも利用されており、特に中国では工芸品として翡翠は重用されています。 現在でも人気のあるパワーストーンの1つである翡翠について、歴史との繋がりや石の持つパワーについてご紹介します。

古来から神秘的な石として利用されてきた翡翠

世界で古くから神秘的な力があるとして用いられてきた翡翠ですが、中でも東洋では特になじみのあるパワーストーンです。

中国では古代から翡翠の神秘的な力は不老不死や生命の再生の力があると信じられており、秦の始皇帝の遺体も翡翠で覆われていました。

また、日本では勾玉の材料として古代より使用されており、豊穣や生命、再生といったパワーが石に宿っていると信じられていました。その翡翠文化は世界最古とされており、約7000年前の縄文時代に権力の象徴として用いたり、祭具として利用されていました。また、実際に縄文時代の遺跡から翡翠の勾玉などの加工物が出土しています。

翡翠は「玉(ぎょく)」と呼ばれることもあり、石の持つ神秘的な力を神や皇帝と結びつけるよう考えられていたため、王の座る椅子を「玉座」と呼ばれるようになったといわれております。

ジェダイトとネフライト

翡翠というのは、実はジェダイトとネフライトという石の総称でもあります。この2つの石は全く別物ですが、見た目がとても似ており区別が難しいことから、この2つの鉱石の総称を「翡翠(ジェード)」と呼ぶようになりました。鉱物として別の物質であるジェダイトとネフライトですが、石の持つエネルギーは大きな括りで見ると非常に似ている石でもあります。

ジェイダイトは和名では翡翠輝石や硬玉と呼ばれており、ネフライトより若干硬度が高い鉱石です。非常に割れにくいため、彫刻の材料として使用されることも多いです。

ネフライは和名では軟玉と呼ばれています。石の硬さは、ジェダイトよりも少し柔らかくはありますが、結晶が繊維状になっているため、割れにくくなっています。

翡翠の持つ意味

翡翠は「権威と徳」を象徴しており、自身の徳を高める効果があるとされ、古くから王族などの権力の象徴として利用されてきました。現在では、この徳を高める効果は、生活の中で成功や繁栄をもたらすとされており、様々な面で目標達成や家族との繋がりの強化の手助けをしてくれるでしょう。

繁栄は豊かさの象徴であり、富を意味しています。さらには、石の持つプラスエネルギーは健康や長寿を与える力もあるので、持ち主だけでなく家族の健康にも作用され幸福へ導いてくれるとされています。

翡翠はあらゆる効果がありオールマイティなパワーストーン

翡翠は万能ともいえるパワーストーンで、その神秘的な力は魔除けとして作用し、冷静さも養われ正しい判断ができるようになり、災いやトラブルなどから持ち主を守ってくれたり、防ぐことができるでしょう。

また、人徳を得られる効果があるので上に立つ立場の方なら、指導力や統率力という方面で効果を発揮してくれるでしょう。また、仕事や、人間関係においても良好に物事を進めてくれるパワーがあり、成功へと導いてくれるでしょう。そして、それは金運へも繋がると言われています。

翡翠は何か達成したい目標があったり、人間関係で困っていることがあれは持ち主をサポートし、良い方向へ導いてくれるでしょう。ひとつ持ち歩いていれば何かと助けてくれるのではないでしょうか。

パワーストーンには癒しのエネルギーがあります。さまざまな効果を持っているパワーストーンですが、どの石も持っているだけで癒しの波動を感じられます。特に健康に効果を発揮するパワーストーンもあり、症状によって対応するパワーストーンが違っています。今回は喉に関連するパワーストーンをご紹介します。喉はチャクラとも関係があるため、エネルギーを整えましょう。

喉は想いを形にする場所です

もしもこの世にテレパシーがあるのなら、念じるだけで相手に想いを直接伝えることができます。そんな人がこの世にいないとはかぎりませんが、言葉を口に出さないと相手に自分の想いを伝えることや、コミュニケーションを図ることはできません。まさに喉は自分の想いを形にする場所なのです。他者とのコミュニケーションを図る場所のため、ここに何かしら病気が現れると、人間関係のコミュニケーションがうまくいっていないと体は伝えたいのかもしれません。言いたいことを言えない気持ちは、いつしか心に溜まっていくと、咳や喉の痛みとして症状が現れるといわれます。第五のチャクラは明るい青色になります。そのため、明るい青色をしたパワーストーンは喉のエネルギーを回復してくれるともいわれます。

ターコイズはチャクラ色

もっとも喉のチャクラはターコイズ色が近く、ターコイズが第五のチャクラのパワーストーンともいわれます。明るいそら色を思わせるターコイズは12月の誕生石としても広くしられています。その色から別名「スカイストーン」ともいわれ、澄んだ大空の晴れやかな気持ちを連想させます。旅のお守りともされる石で、邪悪なエネルギーから身を守ってくれます。友情を深める石でもあり、困難を乗り越えていくのです。ターコイズはチャクラの色そのものなので、喉の調子が悪いときはターコイズをつけてみると良いでしょう。効果的なコミュニケーションや、言えなかったことが素直に言えるようになるかもしれません。言いたいことが言えないことは、ストレス以外の何ものでもありません。そのうちに言えない気持ちが淀んで心がふさぎ込み、病気になっていきます。喉になんらかの症状がある人はターコイズを身につけてみましょう。

他にもある明るい青色のパワーストーン

ターコイズの他に、海のパワーを秘めた3月の誕生石であるアクアマリンやラリマ―は、喉に関連するパワーストーンになります。人とコミュニケーションをとっていくということは、積極性や表現力が必要になってきます。アクアマリンは海のように穏やかで広い心が映し出されます。人と人との間を調和させてくれるため、コミュニケーションに欠かせないパワーストーンになります。またラリマ―は神秘的な青色から、創造力やインスピレーションを高めるパワーストーンになります。創造性や個性など、表現力として必要なのです。ラリマ―を額にかざしてみると、新しいアイデアやひらめきを授かるとされます。どちらも爽やかな色をした青空のようなパワーストーンなので、持っているだけでも心が晴れ渡ってきます。

まとめ

何かしら喉に症状がある人は、第五チャクラの色をしたパワーストーンを身につけてみましょう。必ずパワーストーンの力で病気が治るとはいえませんが、病は気からというように澄んだ気持ちが病を遠ざけてくれるかもしれません。明るい青色の石を身につけてみましょう。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-天然石人気

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.