パワーストーン・天然石の一覧、効果まとめサイト

パワーストーン.info

パワーストーン一覧

レッドコーラル(珊瑚)の意味や効果、色味など

投稿日:

レッドコーラル(珊瑚)の意味や効果

レッドコーラルには、イライラした感情で混乱してしまった精神を鎮め、慈愛に満ちた心に導く効果があるとされています。

レッドコーラルの赤色は、恋愛面にも効果を発揮すると言われています。
特に、持ち主に慈愛の心と寛容性を教え、恋人もしくは好きな人に対して常に優しい気持ちで接することができるよう導く力があるとされています。

また、レッドコーラルは幸福と長寿を象徴する石であり、出産のお守りとして重宝されることが多いです。出産のみならず妊娠にも効果があると言われており、これは古くからレッドコーラルには不妊予防に効果があると伝えられてきたことに由来する効果です。

また、出産後は良い母になれるよう導く効果があるとされ、イライラしがちな子育て中も優しさと愛情が絶えることがないようサポートしてくれます。

古くからぬ名乗りたちを守ってきたとされるレッドコーラルには、海の問題を解決する能力があるとされます。
海で生まれたレッドコーラルに秘められた海のパワーで、海での災難や津波などから身を守ってくれる効果が期待されます。

レッドコーラル(珊瑚)の色味

レッドコーラルの色は、その名の通り赤色です。中でも、濃い、血の色を思わせるものを血赤珊瑚(オックスブラッド)と呼んでいます。

レッドコーラル(珊瑚)の名前の由来

レッドコーラルの名称は、その語源をギリシャ語の “korallion”に持つと言われています。

レッドコーラルの歴史

古代から洋の東西を問わず、広い地域の人々の間で様々な使われ方をしてきた鉱物です。

古代ローマでは、子供のお守りとして用いられ、古代インドでは護符とし使用されていました。
また、古代中国では七宝の一つとして珍重されてきたと言います。

また、海や河を安全に渡ることが出来、嵐を鎮める効果がレッドコーラルにはあると信じられてきたため、船乗りのお守りとして崇められてきました。

浄化方法

レッドコーラルは、海のものなので、太陽に弱いです。このため、太陽光を用いた太陽浴(日光浴)では浄化が出来ない鉱物になります。

レッドコーラルに適した浄化方法は、流水を用いた浴水浄化、月光浴、水晶クラスターを用いた水晶浴、セージの葉を用いた煙浴になります。

主な原産地

レッドコーラルは、主に地中海(北アフリカ、南ヨーロッパ、ハワイ、オーストラリア、台湾などから産出されます。

 鉱物学

レッドコーラル(珊瑚)とは、南海の底に育つサンゴ虫の軸骨で、樹枝状の骨格のことを言います。

採取の際の生死によって、生木、枯木、落木の三種に分類されます。

宝飾用の貴重なサンゴは、八放サンゴ類と言って、個虫が8本の触手をもつ種類で、珊瑚礁を作る石サンゴは、六放サンゴ類と言って、個虫が6本もしくはその倍数の触手をもつ種類で、別種となります。

因みに、貴重サンゴはその色によって、アカサンゴ(赤色)、シロサンゴ(白色)、モモイロサンゴ(ピンク色)、ベニサンゴ(紅色)に分類されます。

レッドコーラルは、このアカサンゴに分類されます。

レッドコーラルの結晶は、CaCO3+MgCO3で表されます。因みにこのMgCO3は全体の3%ほどしか含まれていません。

レッド―コーラルは、不透明で、鈍いガラス光沢を有しています。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-パワーストーン一覧

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.