パワーストーン一覧

ルチルクォーツ、ローズクォーツの意味や効果など

投稿日:

ルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ)の意味や効果

ルチルクォーツは、金運、財運、仕事運に強力な効果をもたらす鉱物として知られています。

様々なカラーバリエーションを持つ鉱物ですが、それらに共通してみられる効果が、上記に挙げたものになります。

ルチルクォーツ(ルチレイテッドクォーツ)の色味

ルチルクォーツの色味は、ロッククリスタルに内包されるルチルの色によって決まります。

そのルチルの色には、黒色、暗褐色、帯褐赤色、青色、紫色、黄色、黄金色、銀色など様々な色があります。

ルチルクォーツの種類

二酸化チタン鉱物によって形成される針状結晶を水晶内に含むものがルチルクォーツだと定義されていたのですが、
近年では針状結晶のようなものが水晶に入っていれば、その針状結晶の成分がなんであれ、全てルチルクォーツであると広義的に捉えられることが多くなりました。

しかし原則は、二酸化チタン鉱物であるルチルがインクルージョンした水晶のことをルチルクォーツとしており、中のルチルの結晶の色味によって種類分けされます。

ゴールドカラーのルチルクォーツは、金針入り水晶とも言われ、金色に輝く細い針状結晶が無数に水晶の中に伸びたものを言います。ルチルクォーツの代表格ともいえるような石です。

同じゴールドカラーのものでも、その針状結晶が太いものは、タイタンルチルクォーツと呼ばれ、天然石の王様という異名を持っています。

ゴールドカラーと対極にあるシルバーカラーを有するルチルクォーツは、シルバールチルクォーツと呼ばれ、ゴールドルチルクォーツと陰陽関係をなす鉱物です。

太陽ルチルと呼ばれるルチルクォーツは、針の根元となる部分にヘマタイトがある、ルチルクォーツ中でも異質なルチルクォーツになります。
ヘマタイトを中心に太陽の光の如く金線が伸びているため、太陽ルチルと呼ばれるようになりました。
針の太さは、タイチンルチル程は太くはありませんが、ゴールドルチルに比べると太いものになります。

また、二段階の生成過程を経て生み出される、プラチナ色を有するプラチナルチルクォーツは、その生成過程があまりにも特殊なことから、奇跡の石とも言われ、滅多に産出されません。

ルチルクォーツの名前の由来

ルチルという名称は、ラテン語で「黄金色」や「輝き」を意味する“rutilus”に由来しています。

因みにこの鉱物は、このルチルが水晶にインクルージョンされていることから、ルチルクォーツと呼ばれるようになりました。

浄化方法

ルチルクォーツには、特に避けるべき浄化方法というものはありません。

全ての浄化方法――月光浴、流水を用いた浴水浄化、セージを用いた煙浴、水晶クラスターを用いた水晶浴、太陽浴(日光浴)など――で浄化できる石になっています。

主な原産地

ルチルクォーツは、ブラジルやオーストラリアから産出されます。

鉱物学

ルチルとは、二酸化チタン鉱物の一つで、アナテース(鋭錐鉱)やブルッカイト(板チタン石)とは同質異像の鉱物です。

花崗岩やペグマタイトやこれに類似した石英脈中に、アナテースやブルッカイトと共に共産します。

ルチルの結晶は、TiO2で表され、その結晶構造は正方晶系に属します。金属光沢や金剛光沢を持つのが特徴です。

正方晶系に属する結晶が柱状となることが多く、また双晶をなすものもあります。時には、針状でロッククリスタル(無色透明の水晶)の中に入ることもあり、これをルチルクォーツ(ルチル入り水晶)と呼んでいます。

因みに、ルチルクォーツの結晶は、SiO2+TiO2で表され、その結晶構造は六方晶系に属します。

ルチルのみのモース硬度は6から6.5ぐらいですが、ルチルクォーツのモース硬度は、水晶と同じ7になります。

ローズクォーツの意味や効果

女神アフロディーテの石「アフロディーテストーン」とも言われるローズクォーツは、美と愛を象徴する石です。

ローズクォーツは、特に恋愛に効力を発揮する石として広く知られています。

恋愛成就の石とも言われるローズクォーツは、恋愛全般に効力を発揮しますが、その中でも主たる効果は自己愛をもたらす効果、優しさと思いやりの心を育む効果、そして失恋の傷を癒す効果になります。

自分を愛することを教え、そこから見えてくる自分の良さや自分の魅力に気づかせてくれる効果があり、これによって真の魅力を高めることが出来るようになるとされています。

そして、恋愛では特に重要となる、相手を思いやる心の成長を促し、相手に対して寛大であり優しく接することが出来るよう導いてくれます。

また、過去のトラウマや失恋によって深い傷を負ってしまった心に愛をもたらし、傷やトラウマを消し去ってくれます。
これによって、次の恋に対してまた積極的になれるようになります。

ローズクォーツは、持ち主を柔らかな波動で包み、感情面での安定を促して、みずみずしい若さと健康を保つ力もあるとされ、アンチエイジン効果や美容面での効果もあると言われています。

ローズクォーツの色味

ローズクォーツの色は、ピンク色になります。優しい色合いのピンク色はバラ色とも形容されます。

さてそのローズクォーツのピンク色ですが、なぜピンク色に発色するのかその原因はまだ分かっていません。

しかし、内部に極小のルチル(金紅石)が含まれている場合が多くあるため、これがピンク色に発色する原因なのではないかと考えられています。

ところで、このルチルの針状組織が発達した原石をカボションカットするとスター効果が現れ、これを特別にスターローズクォーツと呼んでいます。

ローズクォーツの名前の由来

ローズクォーツの名称は、この鉱物の色味がローズ色であることから付けられたものです。

また、和名は「紅水晶」と言います。

ローズクォーツの歴史

ローズクォーツは、古くから彫刻材料として用いられ、古代ローマではカメオやインタリオの細工を施した印章に加工されたものや装飾品などに広く使用されていました。

浄化方法

ローズクォーツは、太陽光に含まれる紫外線の影響で変色してしまう恐れがあるため、太陽浴(日光浴)では浄化できません。

ローズクォーツは、太陽浴(日光浴)以外のすべての浄化方法――月光浴、流水を用いた浴水浄化、セージの葉を用いた煙浴、水晶クラスターを用いた水晶浴など――で浄化できます。

中でも、同じ水晶の仲間である水晶クラスターとの相性は抜群で、浄化のみならずパワーチャージにも有効だとされています。

主な原産地

ローズクォーツは、ブラジル、マダガスカル、モザンビーク、インドなどから産出されます。

中でもマダガスカルからは良質なローズクォーツが産出され、またブラジルは産出量世界一を誇っています。

鉱物学

元来のローズクォーツとは、ピンク色またはローズ色のクォーツ(石英)のことを指して言います。

ローズクォーツの結晶は、SiO2で表わされ、六方晶系に属します。

六方晶系の柱状結晶や塊状などで発見されることが多いです。

塊状のものは各地のペグマタイト中から産出されますが、半透明ないし透明の六方晶系に属する結晶が六角柱状になった良質のものの産出地区は、限られたごく一部になります。

モース硬度は、7と、水晶と同じ硬さになります。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-パワーストーン一覧

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.