パワーストーン一覧

ミルキークォーツ、モルガナイトの意味や効果、色味など

投稿日:

ミルキークォーツの意味や効果

ミルキークォーツは、その色目が示すように、柔らかなエネルギーで包み込む温かさと優しさを持ち合わせた石になります。

優しい波動を周囲にもたらすことから、心身が弱っている人や高齢の人にお勧めの石だとされています。

ミルキークォーツは、持ち主を絹のように繊細で優しい気持ちにする鉱物だと言われています。

感情に落ち着きを与え、寛大さを育み、母性に似た優しさと温かみを与える効果があるとされています。
自身とそれを取り巻く環境をも含めて心温かい愛情あふれたものに変えていくことが出来るよう導いてくれると言います。

また、あらゆることに調和を生み出す効果があるとされ、家族間のいざこざを解消するのにも役立ってくれます。

ミルキークォーツには、上記に挙げた効果以外に、恋愛面をサポートする効果があります。

具体的には、好きな相手の気持ちに敏感になれる効果があるとし、恋愛成就のお守りとして人気を誇っています。
そこから、ミルキークォーツは、「愛を伝える石」と言われたり、「幸運の石」と言われたり、「恋人の石」などと言われることもあります。

永遠の愛の象徴でもある石です。

また、ミルキークォーツには旅のお守りとしての面も持っています。旅先でのトラブルを回避してくれる役目があるとされています。

ミルキークォーツは、古くは、心臓や肺、腎臓の病気の治療に用いられていました。
他にも体内の不純物を排除する働きもあるとされ、様々治療に用いられていたようです。

ミルキークォーツの色味

ミルキークォーツの色は、乳白色になります。その色合いから、ムーンクォーツを呼ばれることもあるようです。

ミルキークォーツのスター効果

この鉱物には、しばしばスター効果の見られるものが産出されることがあります。

石英中にルチル(金紅石)の針状結晶のインクルージョンが配列的に分布するのを正しい石取りでカットすると、点光源によって四条もしくは六条の光を発する効果を持ちます。この現象をアステリズム(星彩効果)と言い、反射光線によってこの効果を示すものをダイアステリズムと呼んでいます。

なおこの鉱物は、エピアステリズムよりもダイアステリズムのほうが明瞭なことが多いようです。

浄化方法

ミルキークォーツには、特に避けるべき浄化方法というものはありません。

すべての浄化方法――月光浴、太陽浴(日光浴)、流水を用いた浴水浄化、セージの葉を用いた煙浴、水晶クラスターを用いた水晶浴など――で浄化できます。

中でも、同じ水晶の仲間である水晶クラスターとの相性は抜群で、浄化のみならずパワーチャージにも有効だとされています。

主な原産地

ミルキークォーツは、ブラジル、マダガスカル、アメリカなどから産出されます。

鉱物学

ミルキークォーツは、和名を「乳石英」と言い、内部が不純で、乳白色半透明もしくは透明の結晶質クォーツ(石英)のことを指して言います。

ペグマタイト中や熱水性石英脈中などから産出されます。

ミルキークォーツの結晶は、SiO2で表わされ、六方晶系に属します。

六方晶系の柱状結晶や塊状などで発見されることが多いです。

モース硬度は、7と、水晶と同じ硬さになります。

モルガナイトの意味や効果

ピンク色の鉱物には、たいていの場合恋愛面での高い効果が期待されますが、このピンク色に輝くモルガナイトも例外ではありません。

モルガナイトは、愛情、清純、優美を象徴する鉱物とされています。持ち主の愛情を増し、優美さを身に付けるよう導く力があるとされます。
モルガナイトの優しい色味は。幸せな結婚を象徴しているとも言われています。

また、モルガナイトには、独自に養われた洞察力と鋭い直観力で、物事の真実性を見極める力を養う効果があると言われています。
これによって、物事にとらわれない柔軟な頭で物事を考える力が身に付くとされています。
合わせて、知恵を与え、思考を明晰にする働きもあると言われています。

モルガナイトには、精神的な安定感を高める働きがあるとされます。

恋愛がうまくいっていないときは、精神的な上がり下がりが激しくなるものです。
そうした時に、モルガナイトは心と身体に安定感を与え、精神を落ち着かせるよう働きかけてくれると言います。

精神的な落ち着きは、心の余裕も生み出します。心に余裕が出来ると、日々のちょっとした出来事に敏感になれます。
そこから、モルガナイトには、日々の小さな幸せに気づかせてくれる効果が期待されると言われているのです。

ところで、モルガナイトは、古くは心臓と肺の病気の治療に用いられていたとされ、他には呼吸器系の不調を改善するのに用いられていたそうです。

モルガナイトの色味

モルガナイトの色は、ピンク色や淡赤紫色になります。いずれの場合も条痕は白色になります。

因みに、華やかな濃いピンク色のベリルは、ラズベリルと呼ばれます。

モルガナイトはベリル鉱物の一つ

モルガナイトは、ベリル鉱物の一つで、別名をピンク・ベリルやローズ・ベリルなどとも言います。

ベリル鉱物とは、ベリリウムを含む鉱物の総称で、水青色、緑色、無色、黄色、ピンク色、赤色のものがあり、各々に鉱物名――例えば、アクアマリン、エメラルドなど――が付けられています。因みにそれぞれの色味は、含有される鉄分やクロム、マンガンの影響によるものです。

モルガナイトのピンク色は、この鉱物に含有されるマンガンの作用によるものです。
また、マンガンのほかに微量のセシウムも含んでいることから、他のベリル類よりも屈折率が高く、比重も高くなっています。

モルガナイトの名前の由来

モルガナイトの名称は、宝石学のクンツ博士が、宝石愛好家のJ. P. Morganの名前に因んで命名しました。

浄化方法

モルガナイトには、特に避けるべき浄化方法というものはありません。

すべての浄化方法――水晶クラスターを用いた水晶浴、月光浴、セージの葉を用いた煙浴、太陽浴、流水を用いた浴水浄化など――で浄化できます。

主な原産地

モルガナイトは、ブラジル、マダガスカル、アメリカなどから産出します。

鉱物学

モルガナイトは、ペグマタイトや花崗岩、一部の広域変成岩中に、クォーツ(石英)を伴って産出します。

モルガナイトの結晶は、Be3Al2Si6O18で表され、その結晶構造は、六方晶系に属します。

六方晶系に属した六角柱状結晶体で発見される他、塊状や緻密、円柱状の晶癖を持つものも見つかっています。

この鉱物は、透明もしくは、半透明で、ガラス光沢を持っています。

モース硬度は、7.5から8と、硬いです。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-パワーストーン一覧

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.