パワーストーン一覧

ブラックトルマリン(ショール)の意味や効果、色味など

投稿日:

ブラックトルマリン(ショール)の意味や効果

ブラックトルマリンは、トルマリングループの中でも最もマイナスイオンを放つ、強力なパワーを有した鉱物です。

このマイナスイオンの作用で、血行促進、免疫力アップ、ストレス軽減などの効果が得られ、心身のバランスを保つのにも適していると言われています。

そのため、健康に自信がない人や、過度な疲労とストレスに悩んでいる人に強く勧められる鉱物でもあります。

しかし、こうした効果は医学的な根拠や科学的な根拠に基づくものではありませんので、その点に留意したうえで、ブラックトルマリンを使用するようにしてください。

また、ブラックトルマリンには、危険や邪気避けのお守りとしての効果もあり、トラブルを回避解消してくれると言われています。

ブラックトルマリンの色味

トルマリン自体は、そのカラーバリエーションが豊富なことでも有名で、

無色透明、帯赤色、帯褐色、ピンク色、青色、緑色、灰色、帯緑色、帯青色、黒色などのものが存在します。

ブラックトルマリンは、その中の黒色のもののことを指して言います。

ブラックトルマリンの名前の由来

ブラックトルマリンのトルマリンの名称は、スリランカのシンハリ語のジルコンの呼び名“turmali”に由来します。

和名の「電気石」という名称は、この鉱物の結晶が上端と下端で異なる異極晶で、加熱するとプラス(+)とマイナス(-)に帯電することに因んで付けられました。

そして、この鉱物が黒色をしていることから、ブラックトルマリンと命名されました。

浄化方法

ブラックトルマリンには、特に避けるべき浄化方法はないのですが、鉄分を含んでいることから、水を用いる浴水浄化は避けたほうが良いと言われています。

錆びないようにするために、水周りを避けた場所で保管するようにしてください。

ブラックトルマリンは、浴水浄化を除くすべての浄化方法――太陽浴、セージの葉を用いた煙浴、水晶クラスターを用いた水晶浴、月光浴など――で浄化することが出来ます。

主な原産地

ブラックトルマリンは、スリランカ、タンザニア、ブラジル、マダガスカル、ロシア、ケニア、アメリカなどから産出されます。

鉱物学

ブラックトルマリンは、トルマリングループの中でも、不透明で黒色のトルマリンを総称しています。

鉄分を多く含有した「ショール」が代表的なトルマリンですが、マグネシウムを多く含有したドラバイトや、カルシウムを多く含有したウバイトなども黒色のものが産出されています。

ブラックトルマリンの基本的な鉱物学は、トルマリンとなんら変わりありません。

そもそもトルマリンとは、種々の成分元素の入り混じった複雑な珪酸塩鉱物のグループ名で、その主成分の差によって、さらに11種類分類することが出来ます。ドラバイト(苦土電気石)、ウバイト(石灰苦土電気石)、エルバイト(リチア電気石)、ショール(鉄電気石)などがその代表格です。

トルマリンもブラックトルマリンの結晶は、結晶の上端と下端にそれぞれ異なった電極を持っており、結晶はプラスマイナスに帯電します。

ブラックトルマリンの結晶は、 NaFe3Al6(BO3) Si6O18(OH)4で表わされます。結晶構造は、六方晶系に属します。

モース硬度は7から7.5と、水晶よりやや硬いです。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-パワーストーン一覧

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.