パワーストーン一覧

ピンクトルマリン、カーネリアンの意味や効果、色味など

投稿日:

ピンクトルマリンの意味や効果

ピンクトリマリンは、他のピンク色の鉱物が持つ恋愛に関するパワーエネルギーを持っています。

ピンクトリマリンには、愛に満ちた表現方法を教えてくれる効果があると言われています。それも潜在意識レベルで教えてくれるとされます。

また、思いやりの心を育むことから、優しさが倍増する効果が期待できます。

トルマリンにもヒーリング効果がありますが、ピンクトルマリンの持つヒーリング効果は、主に恋愛で受けた傷を癒すものです。
心に受けた傷、失恋の傷を癒す効果があるとされます。

こうした恋愛面での効果から、ピンクトルマリンには愛の電流を流す石という異名が付けられています。

ところで、ピンクトルマリンには、若さや美しさなどを高める美容効果があるとされていますが、これは医学的根拠に基づくものではありません。

ピンクトルマリンの色味

ピンクトルマリンが属するトルマリンは、そのカラーバリエーションが豊富なことでも有名な石です。

トルマリンの色味には、無色透明、帯赤色、帯褐色、ピンク色、青色、緑色、灰色、帯緑色、帯青色、黒色などになります。

この中のピンク色に輝くものをピンクトルマリンと呼んでいます。
ピンク色と言っても、ローズクォーツのような淡い色味のピンク色ではなく、濃くはっきりした、紅色に近いピンク色がピンクトルマリンの特徴です。

ピンクトルマリンの名前の由来

トルマリンの名称は、スリランカのシンハリ語のジルコンの呼び名“turmali”に由来します。

和名の「電気石」という名称は、この鉱物の結晶が上端と下端で異なる異極晶で、加熱するとプラス(+)とマイナス(-)に帯電することに因んで付けられました。

そして、この鉱物はその中でもピンク色に発色しているため、ピンクトルマリンと呼ばれています。

ピンクトルマリンの歴史

ピンクトルマリンの結晶は、プラス(+)とマイナス(-)に帯電する性質から、この性質を生かした使われ方をしてきました。例えば、パイプに溜まった灰を取るのに用いられたり、砂のアートに用いられたりと、その利用用途範囲は幅広かったようです。

また、ピンクトルマリンは、なんでも吸い寄せる力があるということから、幸運をも引き寄せる石として大切にされてきた歴史も有する石です。
治療や儀式のも多く用いられていたようです。

古くは、狂気や乱心を鎮める力があるとされ、他には血液にかかわる病気の治療に用いられていたとする記録が残されています。

浄化方法

ピンクトルマリンが属するトルマリンには、特に避けるべき浄化方法や注意すべき浄化方法というものはありません。
しかし、ピンクトルマリンは、太陽光に含まれる紫外線によって変色してしまう恐れがあるため、太陽浴での浄化は避けたほうが無難だとされています。

ピンクトルマリンの浄化には、太陽浴を除いたすべての浄化方法――流水を用いた浴水、セージの葉を用いた煙浴、水晶クラスターを用いた水晶浴、月光浴など――を用いることが出来ます。

主な原産地

ピンクトルマリンは、ブラジル、タンザニア、ケニア、モザンビーク、マダガスカル、アメリカなどから産出されます。
特にブラジルのミナスのジェライス州から多く産出されています。

鉱物学

ピンクトルマリンの鉱物学は、トルマリンのものに準じます。

そもそもトルマリンとは、種々の成分元素の入り混じった複雑な珪酸塩鉱物のグループ名で、その主成分の差によって、さらに11種類分類することが出来ます。ドラバイト(苦土電気石)、ウバイト(石灰苦土電気石)、エルバイト(リチア電気石)、ショール(鉄電気石)などがその代表格です。

トルマリン(ピンクトルマリン)の結晶は、結晶の上端と下端にそれぞれ異なった電極を持っており、結晶はプラスマイナスに帯電します。

トルマリンおよびピンクトルマリンの結晶は、 (Na, Ca, K, Mn)(Li, Mg, Fe, Al, Cr, Mn)9B3Si6O27で表わされます。結晶構造は、六方晶系に属します。

モース硬度は7から7.5で、水晶よりやや強いです

パワーストーンにはそれぞれ持つ意味と効果があります。叶えたい願いと石の持つ性質によって用途は様々です。たくさんあるパワーストーンの中でも今回はカーネリアンをクローズアップしたいと思います。

カーネリアンが持つ意味

「未来を創造する石」と言われるカーネリアンは、積極性を高め、可能性を発揮させて目標・未来に向かうパワーを持っています。7月の誕生石としても有名ですよね。

オーストラリアの先住民が不運や災いから身を守る護符として用いていたカーネリアンは、戦士が戦場におもむく際の「勇気と勝利」のお守りとしても古くから使われてきました。かのナポレオンも常に八角形の印章のカーネリアンを持っていたといわれています。

カーネリアンがもたらす効果

達成したい目標があるとき、新しいことを始めようとするときの迷いを振り切り、積極性を高めて成功へ導いてくれるといわれています。また、持ち主のモチベーション・好奇心を向上させるエネルギーを持っていますので、自分自身の持つ能力を発揮できるように導いてくれます。就職活動・転職、新規事業を始める人にとって強い味方になってくれそう。さらに人間関係、特に大切な人との絆を深く強めるパワーを持っているので、喧嘩をしたり、イライラしてギクシャクした関係を平穏に保ってくれるといわれています。

カーネリアンのカラー・原産国

カラーは赤色、オレンジ色、褐色。カルセドニー(玉髄)の一種で、特に赤みが強いものがカーネリアンです。カーネリアンの赤色は、含有する微量の鉄分に起因するので、通常産出時は、薄い赤色、オレンジ色ですが、加熱処理などを施して、あざやかな赤色になります。

原産国はブラジル、ウルグアイ、インド、アメリカなどから産出されます。特に高品質で有名なインド産のものは、太陽光により褐色から強い赤色に変化します。

カーネリアンはこんな人におすすめ

目標達成のための勇気がほしい人、転職・起業を考えている人など目標に向かう為のエネルギーを与えてくれるのでおすすめです。また、仕事運だけでなく、夢の現実に力を貸してくれるので、受験生のお守りにもいいでしょう。そして、恋愛面では、大切な人との絆を強めたい人、新しい恋愛を願う人にもぴったり。

カーネリアンの浄化方法

浄化方法は、セージでいぶす、クラスター、月光浴、流水。カーネリアンの性質上、紫外線にあまり強くなく、変色してしまうことがありますので、太陽光での浄化は避けましょう。

カーネリアンの効果的な組み合わせ

・カーネリアン×ガーネット

どちらも肉体的なエネルギーを活性化させるパワーを持ち、ガーネットは精神面でもエネルギーを上げてくれるパワーストーン。男性が持つことで、自信を高めてくれる作用があります。欲望的な要素が強くなってしまうので、かなり精力を高めたい人にはおすすめです。

 

・カーネリアン×カルセドニー

肉体的な活力を高めてくれるカーネリアンは、周囲へのアピール力を高めてくれます。そして、カルセドニーが良いつながりを引き寄せてくれる力があるので、本来の魅力を、自然にアピールできるようにサポートしてくれます。

 

・カルセドニー×アゲード

この2つの組み合わせは、身体を温めて肉体的エネルギーを高める作用があります。特に女性が身に着けると、生理不順や生理痛を和らげてくれますし、全般的な肉体的な疲労を楽にする手助けをしてくれます。活力を与える組み合わせですので、就寝時は外した方がいいでしょう。また、女性だけでなく、男性が身につけてもエネルギー活性という面でおすすめです。

まとめ

可能性を発揮させてより良い未来へと導いてくれるカーネリアン。何かにチャレンジしようとしているときにそっと背中を押してくれる素晴らしいパワーストーンです。きっとあなたの願いをかなえる手助けをしてくれるはずです。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-パワーストーン一覧

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.