パワーストーン・天然石の一覧、効果まとめサイト

パワーストーン.info

パワーストーン一覧

セレスタイトの意味や効果、色味など

投稿日:

セレスタイトの意味や効果

セレスタイトは、博愛、清浄、魂の浄化、休息を象徴する鉱物として知られています。

ストレスを軽減して心に平安と安定をもたらし、あらゆるもののバランスを調整する効果が期待できると言います。

部屋の中に流れる気のバランス調整と空気の浄化にも向いているため、インテリアストーンやベッドサイドストーンとしてさりげない人気を誇っている石でもあります。

また、創造力や表現力を養い、より高次元な意識へと導く効果が期待できます。高次元の意識にアクセスしたい時にはあ、セレスタイトの力を借りると良いでしょう。

セレスタイトには、愛情を深める効果もあると言われており、これは一人の人間に向けた特別な愛情を育むというよりは、多くの人へ、分け隔てなく与える愛を育んでくれることを意味します。これによって、円満な人間関係を築くことが出来るようになるとされています。

ところで、セレスタイトは、古くは消化器官にかかわる病気の治療に用いられていたとされます。また、目や耳などの不調を改善する力があると信じられていたそうです。

セレスタイトの色味

セレスタイトの色は、無色や白色、灰色、帯緑色、帯黄色、帯橙色、帯赤色などがあり、バリエーション豊かです。

その中でも一般的に知られているのが、淡青色のものになります。そのため、和名に「青」という言葉が入っているのです。

セレスタイトの名前の由来

セレスタイトの名称は、この鉱物の色味が主に天青色を示すことから、ラテン語で「天」を意味する“coelestis”に因んで付けられました。

浄化方法

セレスタイトは、モース硬度が3から3.5と大変もろく、大変デリケートな石ので、流水を用いた浴水浄化は適しません。

特に勢いのある水での浄化は、石を壊しかねないので絶対にしないで下さい。

もちろん、石に付いた汚れをささっと落とす程度の流水浄化は何の問題もありませんが、水の勢いや水圧には注意してください。
また、浄化の際に石を落としたり、衝撃を与えないように十分注意する必要があります。

セレスタイトは太陽光に含まれる紫外線を浴びると、変色してしまう性質を有しているので、太陽光を用いた太陽浴での浄化も出来ない石になっています。保管する際にも、直射日光が当たらない場所を選んで、保管するようにしましょう。

セレスタイトは、太陽浴と浴水浄化を除いた、全ての浄化方法――セージの葉を用いた煙浴、月光浴、水晶クラスターを用いた水晶浴――で浄化することが出来ます。

主な原産地

セレスタイトは、主にマダガスカル、メキシコ、イタリア、アメリカなどから産出されます。

鉱物学

セレスタイトの和名は、「天青石」と言い、ストロンシウムの鉱物の一つになります。

ジプサム(石膏)やハーライト(岩塩)などと共に堆積鉱床中に発見されたり、ストロンシウム鉱やカルサイト、フローライトなどに伴われて石灰岩や苦灰岩中の空洞中に産出されたりします。

セレスタイトの結晶は、SrSO4で表わされ、斜方晶系に属します。斜方晶系に属する板状や短冊状などの結晶体で見られる他に、繊維状のものが平行または、放射状に密集してボール状になったもの、粒状の塊、葉片状などで現れるものもあります。

モース硬度は3から3.5ともろいです。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-パワーストーン一覧

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.