パワーストーン一覧

セラフィナイトの意味や効果、色味など

投稿日:

セラフィナイトの意味や効果

セラフィナイトは、とても繊細なエネルギーを持つ石で、強いパワーを有する石や個性的な石とは相性があまり合わない石として知られています。

セラフィナイトも持つ効果は主にヒーリング効果になります。

穏やかな日々を過ごせるようにサポートしたり、忙しさから心身供にしっかりと休みが取れていない人に安らぎを与える効果が期待出来ます。

こうした効果から、セラフィナイトは休むための石とも形容されることがあります。しっかりとした休みを取りたい人、休息や休養が必要な人にはぴったりのパワーストーンと言えるでしょう。

セラフィナイトには張り詰めていた神経の緊張を解き、精神的な疲労を和らげる効果があることから、持ち主に安心感を与えてくれるとも言われています。

また、過去世のヒーリング効果もあるとされています。

セラフィナイトの色味

セラフィナイトの色は、落ち着いた緑色になります。この緑色はクローライト(緑泥石)によるものです。

その落ち着いた緑色に浮かび上がる銀色の絹糸のような模様がセラフィナイトの特徴とも言われています。

これは、フェザーインクルージョンとも呼ばれるもので、銀色の光は妖精や天使の羽に例えられます。

セラフィナイトの名前の由来

セラフィナイトの名称は、セラフィナイトの見た目が天使の翼を彷彿とさせることに因んで付けられました。

浄化方法

セラフィナイトは、モース硬度が2から2.5と大変もろく、大変デリケートな石ので、流水を用いた浴水浄化は適しません。

特に勢いのある水での浄化は、石を壊しかねないので絶対にしないで下さい。
もちろん、石に付いた汚れをささっと落とす程度の流水浄化は何の問題もありませんが、水の勢いや水圧には注意してください。

また、浄化の際に石を落としたり、衝撃を与えないように十分注意する必要があります。

また、セラフィナイトは太陽光に含まれる紫外線を浴びると、変色してしまう性質を有しているので、太陽光を用いた太陽浴での浄化も出来ない石になっています。保管する際にも、直射日光が当たらない場所を選んで、保管するようにしましょう。

セラフィナイトは、太陽浴と浴水浄化を除いた、全ての浄化方法――セージの葉を用いた煙浴、月光浴、水晶クラスターを用いた水晶浴――で浄化することが出来ます。

また、先にも述べたように、セラフィナイトは大変繊細な石であるため、強い悪気に当たってしまったり、マイナスエネルギーに沢山触れてしまうとあっという間に効力を失ってしまうことがあります。

そのため、小まめな浄化が必要な石になります。セラフィナイトを使用しない時は、水晶クラスターにのせて浄化させておくのが一番望ましいです。

主な原産地

セラフィナイトは、ロシアのバイカル湖付近からのみ産出されます。

鉱物学

セラフィナイトは、クリノクロアが葉状に集まって出来た石で、鉱物学的にはクリノクロアと同じ扱いになります。そのため、セラフィナイトの和名は「斜緑泥石」と言い、クリノクロアと同じ和名になります。

セラフィナイトの結晶は、(Mg, Fe2+, Al)3(OH)2AlSi3O10・(Mg, Fe2+, Al)3(OH)6で表わされ、単斜晶系に属します。

モース硬度は2から2.5と大変もろい石になります。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-パワーストーン一覧

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.