パワーストーン一覧

ジンカイトの意味や効果、色味など

投稿日:

ジンカイトの意味や効果

ジンカイトは、創造力、個性、復活を意味する鉱物とされています。

精神面と肉体面の提携を図り、その両者のバランスを取る働きがあるとされています。そして、精神面と肉体面を統一することで強い保護力を発揮出来るよう導く力がジンカイトには備わっていると言います。

また、円滑な人間関係を築くことが出来、集団生活においても上手に馴染んでいけるように促す力があるとされています。それは、没個性を促すものではなく、自身の個性を失わずに周りといい関係が築けるよう促す力だとされています。

ジンカイトは、特に創造力を高める力に優れていると言われています。そのため、画家を始めとしたアーティストや作家など、クリエイティブな仕事をする人にとってのお守りのような石であるとも言われることがあります。

また、先にも述べたように、ジンカイトには復活を象徴する石としての側面があり、特に無気力状態にいる人間にエネルギーの回復を促し、無気力から脱することが出来るように導く力があるとされます。
これは、無気力な人にクリエイティブな発想を与えることで、無気力感からの脱出をサポートすることに由来していると解釈されることもあります。

ジンカイトの色味

ジンカイトの色は、純粋なものは無色ですが、含有されたマンガンの影響で濃黄色、黄橙色、橙色、橙赤色、赤色、暗赤色などがあります。いずれも条痕は白色を示します。

ジンカイトの名前の由来

ジンカイトは産地がアメリカのニュージャージ州だけと限られていましたが、今からおよそ100年前に、ポーランドのジンク鉱山で鉱山が燃えた際に偶然作り出され、これをポリッシュ・ジンカイトと名付けたことに端を発しています。
名称はジンク石であることを示しています。

浄化方法

ジンカイトは、モース硬度が4から4.5と大変もろいので、流水を用いた浴水浄化は適しません。特に勢いのある水での浄化は、石を壊しかねないので絶対にしないで下さい。

もちろん、石に付いた汚れをささっと落とす程度の流水浄化は何の問題もありませんが、水の勢いだけは注意してください。また、浄化の際に石を落としたり、衝撃を与えないように十分注意してください。

また、ジンカイトは太陽光に含まれる紫外線を浴びると、変色してしまう性質を有しているので、太陽光を用いた太陽浴での浄化も出来ない石になっています。保管する際にも、直射日光が当たらない場所を選んで、保管するようにしましょう。

ジンカイトは、太陽浴と浴水浄化を除いた、全ての浄化方法――セージの葉を用いた煙浴、月光浴、水晶クラスターを用いた水晶浴――で浄化することが出来ます。

主な原産地

ジンカイトは、アメリカのニュージャージー州からのみ産出されます。

鉱物学

ジンカイトは、変成石灰岩および亜鉛鉱に産出する鉱物として知られています。そのため、和名は、「紅亜鉛鉱」と言います。

ジンカイトの結晶は、(Zn, Mn2+)Oで表わされ、結晶構造は、六方晶系(異極像晶族)に属します。六角錐状の結晶体で発見されることもありますが、それはごくまれで、多くは葉状の塊状や粒状などで見ることが出来ます。

モース硬度は4から4.5ともろいです。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-パワーストーン一覧

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.