パワーストーン一覧

サハラNWA869隕石(コンドライト)の意味や効果など

投稿日:2017年4月11日 更新日:

サハラNWA869隕石(コンドライト)の意味や効果

サハラNWA869隕石は、他の隕石と同様、強力なグラウディング効果を持っています。
グラウディング効果とは、一言で言ってしまうと、「安定」、「ぶれない」といったものになります。地に足がしっかりと付いた、究極の安定感を与えてくれと言います。
すぐに自分の考えが人の意見によって左右されてしまったり、自分のセンターが弱くなってしまっていると感じる人にお勧めです。
しかし、このグラウディング効果は、行き過ぎてしまうと、その人に頑固さをもたらしてしまうこともありますので、ほどほどに用いるのが良いとされています。

サハラNWA869隕石の持つその他の効果には、持ち主の能力や才能を引き出す効果があると言われています。
宇宙のパワーを秘めたサハラNWA869隕石は、その宇宙パワーで持ち主の潜在意識の覚醒を促してくれます。
それによって、持ち主が自分の持つ真の才能や能力に気付かせてくれると言われています。

また、生命力強化にも効果を発揮すると言われています。

サハラNWA869隕石は、大変パワフルな石として知られています。クセはあまりありませんので、持ち主は選びませんが、地球外のパワーを宿しているためか、そのエネルギー波動になれるのには少々時間を要します。

サハラNWA869隕石の石言葉

サハラNWA8869隕石の石言葉には、「グラウディング」、「才能の開花」、「生命エネルギーを高める」、「自分の存在意義の再確認」などがあります。

サハラNWA869隕石(コンドライト)の名前の由来

サハラNWA869隕石(コンドライト)は、その名の通り、地球に落下する隕石の一つです。

名称にある“NWA”とは、“North West Africa”(北西アフリカ)を表わしおり、これはサハラNWA869隕石が、アフリカ大陸の北西に位置する、モロッコとアルジェリア国境沿いのサハラ砂漠から産出されることに由来しています。

地球には沢山に隕石が落下してきていますが、そのうちの8割を占めるのがコンドライトと呼ばれる種類の隕石になります。とはいっても、全てが全て同じ場所に落ちるわけではないため、その隕石(コンドライト)が落ちた場所の名前を取って、名称に付けて区別しているのです。

浄化方法

サハラNWA869隕石には避けるべき浄化方法というものがありません。全ての浄化方法――太陽浴、月光浴、浴水、セージの葉を用いた煙浴、水晶クラスターを用いた水晶浴など――で浄化することが出来ます。

中でも、宇宙のパワーを秘めている太陽と月による浄化方法は、サハラNWA869隕石の宇宙パワーを回復してくれる役目があると言われており、サハラNWA869隕石を太陽浴、及び月光浴で浄化してあげると、石の浄化効果はもちろん、エネルギチャージとパワー回復にも効果があるとされています。

毎回毎回月光浴や太陽浴をする必要はありませんが、年に2、3回は太陽浴や月光浴をさせ、宇宙パワーに当ててあげるようにしましょう。

主な原産地

サハラNWA869隕石(コンドライト)は、その名前からも想像できるように、サハラ砂漠から産出されます。サハラ砂漠も、アルジェリアとモロッコの国境沿いのところに広がるものに限ります。

また、1998年ごろにこの隕石が発見されてから、1年毎ぐらいの間隔でこの付近にコンドライトの落下が見られるそうです。これは、隕石の持つ引力による影響のためなのではないかと言われています。

鉱物学

サハラNWA869隕石は、もともと火星にあった岩石だったと言われています。火星表面から100mほどの深さのところに、約13億年前に出来た岩石が、別の隕石が火星に衝突した影響で火星の外に弾き出され、それが隕石となって、地球に落下したと考えられています。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-パワーストーン一覧

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.