パワーストーン一覧

クンツァイトの意味や効果、色味など

投稿日:

クンツァイトの意味や効果

ふんわりとした、優しい波動を持つクンツァイトは、無限の愛、自然の恵み、純化された存在を意味する鉱物だとされています。

純粋さを貫き、肉体と精神、そして感情のバランスを保って、内面を安定させ、様々なものを浄化する働きがあるとされています。過去の悔いや未来への不安といったものを払拭し、気分を晴れやかにさせ、安心感を与えるエネルギーで心を満たしてくれます。

また、ピンク色の石の多くが愛情や恋愛といった、愛にまつわることに効果を発揮しますが、このクンツァイトも例外ではありません。

持ち主の慈愛深さを養い、他者に愛情を注ぐことの大切さを教えてくれると言われています。特に、デートの時に持っていると効果が感じられると言います。

愛と平和に満ち溢れた空間の中に身を置くような、繊細かつ雄大な気持ちになれるよう導く力があると言われています。

クンツァイトの石言葉

クンツァイトの石言葉には、「浄化」、「慈愛」、「気高さ」、「優しさ」、「清楚」、「安心」といったものがあります。

クンツァイトの色味

クンツァイトは、かわいらしいピンク色の鉱物です。透明度が高く、やや紫がかった温かみのあるピンク色が特徴です。

クンツァイトは、スポデューメンと呼ばれる鉱物の一つですが、そのスポデューメンと呼ばれる鉱物のうち緑色のものはヒデナイト、イエローグリーンのものはトリフェーン、そしてピンク色のものをクンツァイトと呼んで区別しています。

クンツァイトの名前の由来

クンツァイトの名称は、アメリカの宝石の権威者、Kunz博士(クンツ博士)の名前に因んで命名されました。また、1902年にアメリカのカリフォルニア州で最初に発見されたことから、カリフォルニア・アイリスの名で呼ばれることも多々あります。

浄化方法

クンツァイトは、水に弱い性質を有しているため、浴水での浄化には向きません。もちろん、ささっと汚れを落とす程度の目的で流水に当てる分には何の問題もありません。

また、太陽光に含まれる紫外線によって、色が変色してしまう恐れがあるため、太陽光での浄化は避けなくてはなりません。保管する際にも、直射日光が当たらない場所で、また水気もないところに保管するようにしましょう。間違っても、水回りのところに放置しないように気を付けてください。

クンツァイトに適した浄化方法は、月光浴、セージの葉を用いた煙浴、水晶クラスターを用いた水晶浴になります。

主な原産地

クンツァイトは、ブラジル、アメリカ、アフガニスタン、マダガスカルなどから産出されます。中でもマダガスカルが最大の産出量を誇っています。

鉱物学

クンツァイトとは、スポデューメン(リチア輝石)のピンク色のもののことを指して言います。花崗岩質ペグマタイト中に、レピドライト(リチア雲母)、エルバイト(リチア電気石)などのリチウム鉱物とよく共産します。

クンツァイトの結晶は、LiAlSi2O6で表わされます。結晶構造は、単斜晶系に属し、かなり大きな結晶や塊状で産出されることが多いです。柱状結晶の場合は、垂直軸に平行な条線や溝があることが多く、またへき開性の塊として産出したりします。

モース硬度は6.5から7と、水晶とほぼ同じ硬さを持ちます。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-パワーストーン一覧

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.