パワーストーン一覧

ガンジスクォーツの意味や効果、歴史など

投稿日:2017年4月6日 更新日:

ガンジスクォーツの意味や効果

ガンジスクォーツには、非常に高レベルな浄化作用があり、石の浄化も必要ないとされるほどです。

悪いエネルギーやマイナス感情、邪気の浄化はもちろん、魂やカルマのレベルで浄化をしてくれると言われています。そのため、カルマの解消効果もあるとされています。

また、魂の進化を促す石としても知られており、魂を過去のカルマから解放してあげることで、魂レベルを次のステップに進めてくれる作用が期待されます。

過去にとらわれがちな人や、魂が何かを欲している状態にある人には大変お勧めの石になります。

また、瞑想をする際ガンジスクォーツを持つと、過去の問題を解決する糸口が発見でき、非常に頭がクリアになるとされています。

ガンジスクォーツの歴史

ガンジスクォーツは、女神ガンガーの下に生まれた神秘の石として、インドのスピリチュアリストやシャーマン、占い師の間で大切に扱われてきました。

同じ水晶の構造を持ちながら、そのパワーは水晶とははっきりと違うものであり、神秘的な力が強いと考えられてきました。

今現在でも、ガンジスクォーツはスピリチュアルな能力に長けていることから、スピリチュアル界でもヒーラー界でも大変な人気を博しています。特にインド占星術などを手掛ける人は必ずこのガンジスクォーツを保持しているとも言われています。

ガンジスクォーツの名前の由来

ガンジスクォーツは、ガンジス川から採掘されるため、ガンジスの名に因んで付けられました。 ガンジスクォーツは女神の守護石

ガンジス川は、ヒマラヤの氷河から始まりベンガル湾へと続く、約2500kmの大河で、ヒンドゥー教の聖なる川として大変有名です。

このガンジス川は、ヒンドゥー教では、ガンガーと呼ばれる川の女神として神格化されており、それゆえにヒンドゥー語やサンスクリット語ではガンジス川はガンガーと呼ばれています。
つまり、ガンジス川はガンガーそのものであるとしているところが強く、このガンジス川で見つかった水晶は、ガンガーの水晶、ガンガーの守護石であるとし、崇められてきたとされます。

浄化方法

ガンジスクォーツは、自己浄化作用があるため、頻繁な浄化を必要としません。それでも、石が悪い気をいっぱい吸ってしまった時や石が疲れているなと感じるときには、浄化してリフレッシュさせてあげる必要があります。

ガンジスクォーツには、特に避けるべき浄化方法はありません。すべての浄化方法――太陽浴、浴水、月光浴、セージの葉を用いた煙浴、水晶クラスターを用いた水晶浴など――で浄化できる石です。

ガンジスクォーツは、ガンジス川から産出されるということもあって、水と繋がりが深い石です。ですので、石のエネルギー回復力を高めたいのであれば、長時間の浴水浄化がお勧めです。また、機会があれば、ガンジス川の、川の水で浄化してあげましょう。故郷ともいえるところの水で浄化されることで、石のエネルギーもパワーアップします。

主な原産地

ガンジスクォーツは、その名の通りインドのガンジス川からのみ産出されます。

鉱物学

ガンジスクォーツの結晶は、SiO2で表わされます。結晶構造は、六方晶系に属します。

モース硬度は7と、水晶と同じ硬さです。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-パワーストーン一覧

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.