パワーストーン一覧

カクタスクォーツ(スピリットクォーツ)の意味や効果など

投稿日:2017年4月5日 更新日:

カクタスクォーツ(スピリットクォーツ)の意味や効果

カクタスクォーツは、団結や協調性を高める石でお馴染みの、水晶仲間の石です。

強力な癒し効果と調和のパワーを持つ石で、グループワークなど協調性を高めたい時に大変お勧めの石です。

人と人との争い事を鎮めたい時にも役立ち、カクタスクォーツは、調和ももたらすことで、人々の間に平和の空気を作り出します。人のいざこざの根源にダイレクトに作用し、調和と平和をもたらしてくれます。

より一層の協調性や団結力を求める場合には、人の和の調和を取りたいと思うところにカクタスクォーツのクラスターを置くのが効果的だとされています。

また、カクタスクォーツには潜在能力を引き出す効果もあると言われていますが、一番強力なパワーは、人と人との間に調和をもたらすパワーです。

カクタスクォーツの石言葉

カクタスクォーツの石言葉は、「協調」、「団結」、「信頼」、「人間関係の調和」になります。

カクタスクォーツ(スピリットクォーツ)の名前の由来

カクタスクォーツ、すなわちサボテン水晶という名前が付いたのは、この水晶が、結晶柱の外にトゲのような結晶をびっしり生やした、まるでサボテンのような形状をしていたことに由来しています。

特に南アフリカから産出されるものは、ポイントにザラメ状の小さな結晶が群生しており、淡い黄色のような淡いオレンジ色のような色を成しているのですが、
この色合いが南アフリカで売られているスピリットという洗剤に似ていたことから、スピリットクォーツの名が付けられたそうです。

因みに、スピリットクォーツに名で呼ばれるものは、南アフリカ産のものに限ります。

また、地元のシャーマンたちは、古来より、聖霊の宿る水晶として大切にしていたという言い伝えが残っており、和名の「精霊水晶」はこの逸話に由来して付けられたものだそうです。

その他にも、ヤマアラシ水晶などと呼ばれることもある石です。

カクタスクォーツの色味

カクタスクォーツは、乳白色で見つかることが多い石ですが、アメジストを含んで紫色になったもの(アメジストの変種)で「アメジストカクタスクォーツ」と呼ばれるものや、
シトリンを含んで黄色になったもので「サンシャインクォーツ」と呼ばれるものがあります。
いずれも条痕は白色です。

浄化方法

カクタスクォーツは、太陽光の紫外線で色が変色してしまう恐れがあるため、太陽光での浄化(太陽浴)は出来ません。保管する際も、直射日光が当たらない場所で保管する必要があります。

また、カクタスクォーツは強い水圧の浴水での浄化も適しません。強い水圧での浄化は、含有している鉱物を一緒に洗い流してしまう可能性が高いため、絶対に避けなくてはいけません。石の汚れを落とす程度の水浴は全く問題ありませんが、水圧の強さにだけは十分注意してください。

カクタスクォーツは、太陽浴と浴水以外の全ての浄化方法――月光浴、セージを用いた煙浴、水晶クラスターを用いた水晶浴――で浄化することが出来ます。

主な原産地

カクタスクォーツは、南アフリカ共和国とタンザニアから産出されます。

鉱物学

カクタスクォーツの結晶は、SiO2(+含有物)で表わされ、結晶構造は、三方晶系に属します。

モース硬度は、水晶と同じ7になります。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-パワーストーン一覧

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.