パワーストーン一覧

オレンジルチルクォーツの意味や効果、歴史など

投稿日:

オレンジルチルクォーツの意味や効果

オレンジルチルクォーツは、ルチルクォーツの仲間であるため、ルチルクォーツの持つパワーを有しています。
具体的には、金運を上げる効果、財運を上げる効果などお金に関する運を上げる効果と高い開運効果が期待できます。
また、エネルギーの活性作用が強いのもルチルクォーツの持つ一つの特徴です。

オレンジルチルクォーツは、上記のルチルクォーツの持つ効果以外に、クリエイティブなことに効力を発揮する石としても知られています。
クリエイティブと一言で言っても、絵描きや陶芸家のようなアーティスト向きの石ではありません。
肉体的な表現力を高める効果がオレンジルチルクォーツにはあるため、肉体的を使ってクリエイティブさを表わすダンサーに最適な石なのです。

その他にもオレンジルチルクォーツには、精神力を高める効果が期待されます。

オレンジルチルクォーツの歴史

オレンジルチルクォーツは、針状結晶を水晶の中に宿したルチルクォーツの仲間の一つで、その針状結晶が鮮やかなオレンジ色をしていることから、オレンジルチルクォーツと呼ばれるようになりました。

このオレンジルチルクォーツは大変珍しい石で、2006年にブラジルのバイア州、コトビロ鉱山から250kg産出されただけで、その後はこのオレンジルチルクォーツは一切産出されていません。
そのため、2006年に採掘されたオレンジルチルクォーツは、大変高価なものになっています。

ところで、ルチルクォーツにはオレンジがかった色味のものが多く産出されるため、こちらもオレンジルチルクォーツと呼ばれるようになりました。

なかなか素人の眼では、2006年にブラジルから産出された正規のオレンジルチルクォーツと、オレンジ色に近いオレンジルチルクォーツの差は分かりにくいかもしれませんが、前者と後者では明らかに値段帯が異なるので、付いている値段から判断が付きます。

浄化方法

オレンジルチルクォーツは、基本的にクォーツ(水晶)と同じ扱いになりますので、浄化する際も全ての方法――水浴、太陽浴、月光浴、水晶クラスターを用いた水晶浴、セージの葉を用いた煙浴など――で浄化できる石になります。

但し、長時間の太陽浴は、クォーツの中に含まれている針状のインクルージョンの色味に変色をきたす恐れがありますので、避けましょう。同様の理由から、直射日光が当たる場所での保管も避けた方が良いです。

また、インクルージョンがクォーツの外に露出しているものは、水浴での浄化が出来ません。特に勢いのある水に当ててしまうと、露出しているインクルージョンが流れ出てしまう可能性が高いです。

まず滅多にインクルージョンがクォーツの外に出ているものというのはないのですが、もし万が一、そうしたオレンジルチルクォーツをお持ちの場合には、取り扱いに十分注意してください。

主な原産地

正規のオレンジルチルクォーツは、ブラジルのバイア州コトビロ鉱山から産出されていました。

オレンジがかったルチルクォーツは、世界中から産出されています。

鉱物学

オレンジルチルクォーツの結晶は、SiO2+TiO2で表わされ、結晶構造は、六方晶系に属します。

モース硬度は、水晶と同じ7になります。

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-パワーストーン一覧

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.