パワーストーン一覧

イエローカルセドニーの意味や効果、歴史など

投稿日:

イエローカルセドニーの意味や効果

イエローカルセドニーの持つパワーには、カルセドニー自身が持つ石のパワーと黄色という色味からくるパワーの両方が宿っています。

カルセドニーが持つパワーには、強い浄化作用があり、ネガティブなものやネガティブな感情を吸収する効果があることが分かっています。そして、黄色の持つパワーには、心に平和をもたらすヒーリング効果、優しさをもたらす効果、金運を上げる効果などがあるとされています。

イエローカルセドニーは、これら全ての効果を持っていると言われてます。特に、悪い気を吸収し、浄化し、持ち主が優しさや温かみを心で感じられる気を出す効果に秀でているとされています。

また、持ち主に寛容さを与えてくれるとも言われています。

イエローカルセドニーは、カルセドニーの中でもパワーエネルギーが優しくソフトな鉱物なので、持ち主を選ぶことはありません。石の波動に敏感に反応してしまう人でも、安心して持つことが出来ます。

イエローカルセドニーの歴史

イエローカルセドニーは、古くから装飾品やビーズに用いられてきました。今でもカメオなどの細工を施した装飾品や印章にイエローカルセドニーの跡を見ることが出来ます。 イエローカルセドニーとカルセドニー

イエローカルセドニーは、その名前からも想像できるように、カルセドニー(玉髄)の仲間です。カルセドニー自体は、美朝な石英の結晶合体であり、赤色、白色、青色、黄色、褐色、灰色、黄緑色、黒色、ピンク色など様々な色のものが産出されています。色味によって石の持つパワーが異なってくるため、ものによっては名称が異なるものもなります。例えば、赤色のカルセドニーはカーネリアンと呼ばれており、褐色のカルセドニーはサードと呼ばれています。そして黄色系のカルセドニーは、イエローカルセドニーと呼ばれているのです。

浄化方法

イエローカルセドニーは、太陽の紫外線によって変色する可能性があるため、太陽光での上かはお勧めできません。また、保存する際も長時間直射日光に晒すことで変色してしまう可能性があるので、極力直射日光が届かないところで保存する必要があります。

太陽光での浄化以外――月光浴、水浴、煙浴、水晶クラスターを用いた浄化など――は特に避けるべき浄化はありません。どれもイエローカルセドニーの浄化に適しています。

イエローカルセドニーは悪い気の吸収力が強いため、溜め込んだネガティブなエネルギーによって石自体が疲弊してしまうこともあります。そのため、こまめな浄化が必要になってきます。そういった点で、すぐに浄化が出来る水晶クラスターを用いた水晶浴が浄化方法の中で最もお勧めの方法だと言えます。

主な原産地

イエローカルセドニーの主な産地は、アメリカ、オーストリア、ロシア、ブラジル、メキシコ、ニュージーランド、インドなどになります。

鉱物学

イエローカルセドニーの和名は、「黄玉髄」と言い、岩石や溶岩の空洞内面に生成し、その多くは塊状で発見されます。

イエローカルセドニーの結晶は、SiO2で表わされます。結晶構造は、石英類の中でも潜晶質石英類に分類されます。

モース硬度は7で、水晶と同じ強度です。

 

天然石テキスト

パワーストーン  パワーストーン

-パワーストーン一覧

Copyright© パワーストーン.info , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.