パワーストーンブレスレットなどアクセサリーの身に付け方・保管方法

アクセサリーを身に付けるときの注意点

パワーストーンのブレスレットなどのアクセサリーは加工されたパワーストーンや金、銀、プラチナなど異素材と組み合わされています。

パワーストーンや天然石だけでなく、留め具やチェーンなどパーツにも傷がつかないように注意しなければなりません。

大切なアクセサリーを長く使うためにも注意事項を守って身に付けましょう。

1.メイク後にアクセサリーを身に付ける

メイク

パワーストーンや天然石に口紅やファンテーションなど化粧品の成分がつくと変色の原因になります。

ヘアスプレーやスタイリング剤、マニキュア、香水などをつけるときも気を付けましょう。

2.料理・力仕事のときはアクセサリーを外す

料理

パワーストーンや天然石は、水や火、漂白剤などが苦手です。

キッチンで洗い物をするときや料理をするときはアクセサリーを外しましょう。

特にブレスレットや指輪など手元につけるアクセサリーは汚れやすいため気を付けましょう。

大きいものや重い荷物を持つなどの力仕事をするときはアクセサリーを引っ掛ける危険性があります。

アクセサリーが傷つくだけでなく、怪我をしてしまう可能性があるため注意が必要です。

3.入浴時・就寝時はアクセサリーを外す

就寝

お風呂のお湯の熱や水分でパワーストーンや天然石が変色してしまうため、入浴時は外すようにしましょう。

特に温泉は硫黄・酸・塩分などの成分が含まれるため変色しやすいです。

就寝時は汗をかくため、汗や皮脂がついてしまいます。

また、寝ている間にアクセサリーをぶつけてしまい破損する恐れがあります。

アクセサリーの保管方法

人が疲れたら休むように、パワーストーンのアクセサリーも休ませてあげる必要があります。

大切にすることで自分自身を見守ってくれるでしょう。

1.アクセサリーを外したら布で拭く

アクセサリーを付けているときについた汗や皮脂、埃の汚れをそのままにしておくと変色の原因にあります。

やわらかい布で拭いて汚れを落としましょう。

2.ジュエリーボックスを保管する

保管

アクセサリーを保管するときにアクセサリーがぶつかりあうと傷がついてしまいます。

ジュエリーボックスや購入時の箱や袋に1つずつ保管しましょう。

3.アクセサリーの状態を確認する

アクセサリー

アクセサリーを補完するときはチェーンや留め具などのアクセサリーパーツが壊れていないか、外れていないかどうか確認しましょう。

パーツの破損はパワーストーンや天然石を傷つけたりなくしたりする原因になります。

専用クリーナーでお手入れ

金やシルバー、プラチナなどには専用のクリーナーがあります。

種類にあった専用のクリーナーで綺麗にしましょう。

投稿日:

Copyright© パワーストーン.info , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.